Digital Eden Attracts Humanity 最凶の覚醒 MF文庫J

櫂末高彰

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040674117
ISBN 10 : 4040674111
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
295p;15

内容詳細

人体を動物や昆虫、或いは神話的存在に変貌させるデジタルウイルスとデジタルワクチンが存在する近未来。少年はとある事件を追いかけた果てに――世界の敵となる。これは、異形の王と化し、少女を守った少年の物語。

【著者紹介】
櫂末高彰 : 1977年、福岡生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • θ(シータ) さん

    「そうだな。単に答えるだけじゃ面白味がない。だから、ここではこう言おうか。私は、お前だ。うん、我ながら悪くない回答だな」これは面白い!!!物語はデジタルウイルス「オラクル」が拡散し、ウイルス感染者「フェクター」による事件に主人公の総上叡理が関わっていきそれに最愛の妹の総上慧との関係を揺るがす事実が直面していくストーリー。兄が妹を想ってるから妹モノとも言えなくは無いかな。それと、帯にある「妹消しますか、人間やめますか。」のキャッチコピー好き!!もう、本当に凄いです。星6つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】

  • まりも さん

    デジタルウィルス「オラクル」が引き起こす事件に巻き込まれた少年が愛する人の為に戦う異能バトル作品。設定やキャラクターは良かったんですが、それ以外は微妙です。情報を開示するタイミングが悪く、無理矢理説明を入れるせいで状況把握がし難いし、理解出来ないまま新たな情報が出てくるので読んでいて混乱しっ放しでした。そのせいで緊迫感がある筈のシーンや戦闘もイマイチ惹き込まれないのが残念。主人公の能力は色々と可能性がありそうだし、まだまだ謎は多いけど次巻買うかはわからん。

  • 晦夢 さん

    面白かった。人体を神話や伝承の存在に変貌させてしまうウイルス、オラクルが拡散した世界で人々はネメシスというワクチンで動物や昆虫の力を使い対抗していた。これはまんまと騙された。そっちだったか。シスコンは正義ハッキリ分かる。妹のためなら人間もフェクターも敵に回すという筋金入り。勢力をトランプで例えてたの好きだった。どこまでが人間なのか、何が正義なのか。さて次巻はどうなるのか楽しみ。あと吸血鬼ってやっぱり夢があるよね。

  • アウル さん

    まあまあかな。設定は昔に漫画で似たような感じのを読んだ事があるような気がする。読みやすいんだけれども、全体的に浅く話が繰り広げられているのが勿体無い。謎も残ったままのが多いので今後どうなるのかは気になるので次巻出たら一応買うかな。妹の存在感が強い、妹の為なら全てを敵にまわそうとする主人公なだけに他のヒロイン候補が出てくる隙間ないな。

  • 真白優樹 さん

    近未来の世界で人を怪物へと変えるウイルスとそれにより巻き起こる戦いに巻き込まれた少年が最愛の妹のために戦うお話。・・・義理の兄妹だからセーフである。というか早かったな割と。物語の根本と秘密が明らかになるのがだいぶ早かった気がするも設定としては面白いし少年が目覚めた最凶の力も中々に面白い。・・・直接的な戦闘力も改変次第で高くなりそうだなこれは。世界と敵対する事になろうとも愛する人を守ろうとするのは中々に面白いし、明かされていない部分も含めて次が楽しみになる。 次巻も楽しみである。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

櫂末高彰

1977年、福岡生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品