はじまりの戦後日本 激変期をさまよう人々 河出ブックス

橋本健二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309624907
ISBN 10 : 4309624901
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
254p;19

内容詳細

兵役と復員、移民と引揚げ、戦災と疎開、ヤミ市、農地改革…戦中から戦後にかけて、膨大な数の人々が、それまでの生活基盤を失い、新しい社会的地位を求めて、戦禍と廃墟の中をさまよわなければならなかった―。「リンゴの唄」から説き起こし、精密なデータ分析によって社会移動の実態を浮き彫りにしつつ、人々がたどったさまざま人生行路を活写。社会のマクロ変化と個人のミクロな経験をともに描く、画期的な戦後日本社会形成史。

目次 : 序章 「リンゴの唄」と流浪する人々/ 第1章 戦後社会形成史の試み/ 第2章 戦前から戦後へ―さまざまな人生行路/ 第3章 戦前・戦中・戦後の階級構成/ 第4章 戦禍と廃墟のなかの社会移動/ 第5章 変転する農民層/ 第6章 戦後労働者階級の形成/ 第7章 戦後社会の担い手たち/ 終章 非常時の社会移動空間―舞台装置としての戦中・戦後

【著者紹介】
橋本健二 : 1959年、石川県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、早稲田大学人間科学学術院教授(社会学)。データを駆使して日本社会の階級構造を浮き彫りにする。また、趣味と研究を兼ねて「居酒屋考現学」を提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

橋本健二

1959年生まれ。東京大学教育学部卒。東京大学大学院博士課程修了。静岡大学教員などを経て、早稲田大学人間科学学術院教授。専門は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品