光村ライブラリー 第17巻

樺島忠夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895281157
ISBN 10 : 4895281159
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,89p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • モリー さん

    小学生用の教科書から選りすぐられた文章が収められています。近頃写真をよく撮るようになった私には、山田太一さんの「映像を見る目」の内容が響きました。以下、引用。「確かに、テレビや映画や写真を通して、映像は、実にわたしたちのくらしを豊かに広げてくれました。しかし、その豊かな映像が、事実のある一面しか見せていなかったり、正しくないものを正しいと感じさせたりすることもあるものです。いつも注意深く映像を見る練習をして、本当の映像の意味を味わうことができるようにしたいものです。」撮る側に回ると気付くことがあります。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    地元の小学校は教育出版なのですが、光村にはいいおはなしが沢山載ってるよ、と聞いたので、お正月用にまとめて借りてきました。やっとお正月!堂々と読んでます(笑)第17巻は高学年向け7話。 『 もう一度考える / 映像を見る目 / アニメーションとわたし / ねむりについて / 「わたし」とはだれか / マカルーの旗 / 赤十字の創立者−アンリー=デュナン 』

  • akane さん

    前巻は環境問題のみだったが、本巻はどの作品も面白かった。哲学、映像、アニメ、睡眠、登山、伝記とさまざまなテーマが扱われていたからだろう。特に、自問自答の勧めをうながす『「わたし」とはだれか』『もう一度考える』には驚いた。わたしが存在している不思議、という疑問。この観念が10歳前後で起こってくるという。こんなことを考えるのは私だけではなかったのかとほっとした。また、賛成・反対する前によく再考せよと亀井勝一郎氏が指摘しているが、現代風に言うなら、SNSで「いいよ」ボタンを押す前にすることがあるだろということ。

  • Miu さん

    もう一度考えるという物語を読んで、何かを決めるときには、一度決めた後に本当にそれでいいのかもう一度考えると良いんだなぁと思いました。

  • 905 さん

    亀井勝一郎の文章が載っているというだけで、それを目当てに取り寄せたけど、他のも含めてよかった。編集委員による教科書のための書き下ろしとはいえアンリ・デュナンも泣きそうになった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品