光村ライブラリー 第10巻

樺島忠夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895281089
ISBN 10 : 4895281086
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,85p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    地元の小学校は教育出版なのですが、光村にはいいおはなしが沢山載ってるよ、と聞いたので、お正月用にまとめて借りてきました。やっとお正月!堂々と読んでます(笑)第10巻は中学年向け5話。 『 空飛ぶライオン https://bookmeter.com/books/486643  / アナトール、工場へ行く https://bookmeter.com/books/66548  / 子牛の話 / ひと朝だけの朝顔 / 茂吉のねこ https://bookmeter.com/books/99196 』

  • あんみつ さん

    井上靖「ひと朝だけの朝顔」が思いがけない展開に心温まる結末で非常に気に入りました。花岡大学「子牛の話」は自分が使った教科書に載っていたなぁ。懐かしい。素敵な話だ。「茂吉のねこ」…松谷みよ子さんの民話風の話は語り口調が大好き。「空とぶライオン」佐野洋子さんらしいちょっと苦味を含んだ話。教科書に載る話ってどれも深い。このシリーズは絵も教科書掲載のままフルカラーでお得。

  • kanaoka 54 さん

    「空飛ぶライオン」誇り高く、おだてに弱いライオン。なんとも雄大で清々しい話でした。「茂吉のねこ」松谷みよ子さんの作品を読むのは久しぶりです。物の怪の雰囲気もすごく懐かしい。

  • 2020neko さん

    ☆☆☆☆★4/学図。『子牛の話』所収…季節の本(うし)展示

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品