樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ

樹木希林

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784800291929
ISBN 10 : 4800291925
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
追加情報
:
279p;20

内容詳細

「楽しむのではなくて、面白がることよ。
面白がらなきゃ、やっていけないもの、この世の中」

女優の樹木希林さんが2018年9月15日に他界されました。
本書は樹木さんが生前に遺した120の言葉を掲載しています。

老い、孤独、病い、仕事、家族、夫婦関係……誰もが人生で直面する
「壁」をどう乗り越えればいいのか――。
きっと樹木さんの言葉がヒントになるはずです。

『NHKスペシャル「"樹木希林"を生きる」』や朝日新聞の連載「語る人生の贈りもの」
のインタビュー、雑誌、専門誌、フリーペーパーでの発言に至るまで、
多岐にわたるメディアから、心に響く樹木さんのメッセージを厳選しました。

<ありのままの自分>を貫き、最期まで<自然体>で生きた樹木さんの
率直な言葉には、彼女の人となり、そして人生哲学が詰まっています。

生前、親交があった養老孟司さんからご寄稿もいただきました。
「自然体とはこういうことかと思った」
「男でいえば、将の器がある。身体は小さいし、
声だってとくに大きいわけではない。印象的な女性でした」

また、樹木さんの若かりし頃の秘蔵写真や、
懐かしのドラマの貴重カットなども多数掲載しています。


▼――本書に収録した<言葉>より

◯ときめくことは大切。
自分が素敵になれば、
それに見合った出会いも訪れるものです。

◯どうぞ、物事を面白く受け取って
愉快に生きて。
あんまり頑張らないで、
でもへこたれないで。

◯一人でいても二人でいても、
十人でいたって寂しいものは寂しい。
そういうもんだと思っている。

◯嫌な話になったとしても、
顔だけは笑うようにしているのよ。

◯本物だからって
世の中に広まるわけじゃないのよ。
偽物のほうが広まりやすいのよ。

◯籍を入れた以上、引き受けていくしかない。
夫の中には今も、純粋なもののひとかけらがみえるから。

◯がんがなかったら、私自身がつまらなく生きて、つまらなく死んでいったでしょう。
そこそこの人生で終わった。

◯病気になったことでメリットもあるんですよ。
賞を取っても、ねたまれない。少々口が滑っても、おとがめなし。
ケンカをする体力がなくなって、随分腰が低くなったし。

▼――章立て

第一章 生――人生と幸福について
第二章 病――がんと病いについて
第三章 老――老いと成熟について
第四章 人――人間と世間について
第五章 絆――夫婦について
第六章 家――家族と子育てについて
第七章 務――仕事と責任について
第八章 死――生と死について

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    『死ぬときぐらい好きにさせてよ』なんたってこの言葉がいいなぁ。120の希林さんの言葉たち。第1章・生から第8章・死まで希林さんがそこにいた。希林さんは唯一無二の方なんだなぁと感じた。同じことは誰も言えない。病を得て尚、圧倒的な自然体の存在感。傍において時々触れたい言葉たち。『希林さん依存症』になっているかも(汗)こんな方がいたと言うこと。

  • ちゃちゃ さん

    昨年鬼籍に入られた樹木希林さんの様々な媒体に残された言行録。一貫するのは、あるがままに自然体で自分を受け入れてゆくということ。その根底にあるのは孤独であることへ潔いスタンス。「一人でいても、二人でいても、十人いたって寂しいものは寂しい」その認識のもとに現実を生きる覚悟。自己にも他者にも子どもにも、自立への厳しい視線は変わらない。もう一つ。人生を面白がること。人と比較せず求めすぎず身の丈に合った人生を良しとして、老いも病も不自由さも面白く受け取って愉快に生きる。柔軟で強靱な生き様に豊かな示唆をいただいた。

  • nyaoko@瀬戸内海へようこそ さん

    平成最後の本にして、読メ登録1600冊目。樹木希林さんの遺した言葉。どれもこれも深くて、実に人間性に溢れていて、希林さんにしか出せない言葉。現場にいると物凄い『圧』を周りに感じさせた人だと思う。ドキュメンタリーを見た時、ただ黙ってそこに居るだけなのに、圧倒的な存在感を放っていた。人や物に依存せず、執着せず、ただただあるがままの自分を受け入れ、「人間、生まれたからには死ぬんだよ」って、ケラケラ笑って自由闊歩するおばあちゃんになりたい。希林さんに近づく為にはまだまだ人間修行が足りないけれど。

  • naoっぴ さん

    一風変わった演技と人柄で注目していた女優・樹木希林さん。どんなに賞賛されようが「だからなんなの」という姿勢も、自身の考えがしっかりとあるからだろうと感じていました。本書は希林さんのメディアでの言葉を集めた本で、彼女の独特な生き方が伺える一冊。「私は人のこと嫌いなんです」「人をナナメに見ちゃう」と言いながら「人間そのものに興味がある」と言って、意外な視点からとても大切な言葉を投げかけてくる。人にないところを持っている人間というのは普通から離れているのだな、すごいな、と思いました。表紙の写真も素敵。

  • りえこ さん

    素敵な生き方だなと思わされる言葉がたくさんつまっていました。これまでの色々な仕事、特に昔のものをもっと見たいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

樹木希林

役者。1943年東京都生まれ。2018年9月15日に75歳で逝去。61年に文学座附属演劇研究所に入所、芸名「悠木千帆」とし、64年森繁久弥主演のテレビドラマ「七人の孫」、以後「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「夢千代日記」に出演。富士フイルム、味の素「ほんだし」などのテレビコマーシャルにも出演。77年

プロフィール詳細へ

樹木希林に関連するトピックス

  • 【特集】樹木希林さんが遺した言葉 女優・樹木希林さんの遺した言葉をまとめた書籍が、各社より出版されています。ユーモアがありながらも深く、心に響く希林さ... |2019年03月04日 (月) 19:00
    【特集】樹木希林さんが遺した言葉

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品