一切なりゆき 樹木希林のことば 文春新書

樹木希林

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784166611942
ISBN 10 : 4166611941
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
追加情報
:
215p;18

内容詳細

2018年9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されました。樹木さんを回顧するときに思い出すことは人それぞれです。古くは、テレビドラマ『寺内貫太郎一家』で「ジュリー〜」と身悶えるお婆ちゃんの暴れっぷりや、連続テレビ小説『はね駒』で演じた貞女のような母親役、「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに……」というテレビCMでのとぼけた姿もいまだに強く印象に残っています。近年では、『わが母の記』や『万引き家族』などで見せた融通無碍な演技は、瞠目に値するものでした。まさに平成の名女優と言えるでしょう。

樹木さんは活字において、数多くのことばを遺しました。語り口は平明で、いつもユーモアを添えることを忘れないのですが、じつはとても深い。彼女の語ることが説得力をもって私たちに迫ってくるのは、浮いたような借り物は一つもないからで、それぞれのことばが樹木さんの生き方そのものであったからではないでしょうか。本人は意識しなくとも、警句や名言の山を築いているのです。

それは希林流生き方のエッセンスでもあります。表紙に使用したなんとも心が和むお顔写真とともに、噛むほどに心に沁みる樹木さんのことばを玩味していただければ幸いです。

目次
はじめに

【第1章】生きること
【第2章】家族のこと
【第3章】病いのこと、カラダのこと
【第4章】仕事のこと
【第5章】女のこと、男のこと
【第6章】出演作品のこと

喪主代理の挨拶 内田也哉子

樹木希林年譜

【著者紹介】
樹木希林 : 1943年東京都生まれ。女優活動当初の名義は悠木千帆、後に樹木希林と改名。文学座附属演劇研究所に入所後、テレビドラマ『七人の孫』で森繁久彌に才能を見出される。61歳で乳がんにかかり、70歳の時に全身がんであることを公表した。夫はロックミュージシャンの内田裕也、長女にエッセイストの内田也哉子、娘婿に俳優の本木雅弘がいる。2018年9月15日に逝去、享年75(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    さいたま図書館では予約数が400件超ですが、千代田図書館では新刊コーナーに配置直後だったため、Luckyなことに一番手で借りられました。樹木 希林は、TVの全盛時代のイメージが強く、何十年にも渡って観てきた女優なので、同時代性を感じます。一方、映画はあまり観ていませんが、最近の「万引き家族」は観ておいて良かったと思います。これだけユニークで個性的な女優は、もう現れないかも知れません。

  • いつでも母さん さん

    「並外れて執着心が無い人間のようです。」いえいえ、充分に執着心はあったと思う。夫に対しては特に。その他については希林さん流の手放し方が羨ましい。『希林さんは一日にして成らず』って感じがよくわかりました。幼少期からの人間形成、その後、病を得て・・病が無くても潔い生き方をしたと推察出来る。『時間ですよ』あたりから、希林さんの演じられている作品を観る時、主役を張らずとも希林さんに目が行き印象深い存在だった。喪主代理の挨拶全文は好い。希林さんは娘夫婦とも自立した関係で安心して逝ったのだろうな。

  • あまやま さん

    自分なりの死生観を見つめ直そうと思った際、誰の本を読もうかと考え、真っ先に浮かんだのが樹木希林さんでした。死を受け入れ、だからと言って死にたいわけではなく生を全うした人の言葉は重いです。p122 の『「痛い」じゃなくて、「ああ気持ちいい」って言い換えちゃう(笑)』やp32〜33での建築屋とのエピソードなど物は考えようだなと思わされる箇所が何度もあり、それこそが全ての選択・事柄に意味がある、一切なりゆきというタイトルにも繋がっているのだと個人的に解釈。ただ、この境地にたどり着くまで自分は何年掛かることやら。

  • bunmei さん

    樹木希林さんが遺した名言、苦言、妙言をまとめた一冊。私の年代では、沢田研二のポスターに向かって「ジュリー!」と叫ぶのが印象的ですが、その後は、映画界における様々な日本の女性を演じてきました。また、旦那の内田裕也さんとの関係のゴシップも色々ありました。本作の「おごらず、他人と比べず、面白がって、平気で生きればいい」という言葉からも、悟りを開いた尼さんのような生き方と共に、晩年は、病との闘いの中で「それもまた運命」と受け入れて、最後まで役者人生を貫いた、女優・樹木希林の生き様が伝わる一冊です。

  • まあこちゃん さん

    昨秋からBSで再放送されていた「時間ですよ」を毎日観ていたが、当時30歳位の希林さんの、コミカルで飄々としながらも肝の据わった演技力には、笑わせられたり感心させられたりで大いに楽しませて貰った。私が子供の頃からその存在が常に気になる不思議な女優さんで、その思いは亡くなるまで変わる事はなく、そんな希林さんの言葉が散りばめられた本書を読んでいる時間は至福だった。「昔はよかった」と嘆くよりも「こんな事もできなくなるんだ」と自分の変化を楽しんだ方が得との言葉に納得。表紙の写真は正に顔施!ずっと見ていたくなる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

樹木希林

役者。1943年東京都生まれ。2018年9月15日に75歳で逝去。61年に文学座附属演劇研究所に入所、芸名「悠木千帆」とし、64年森繁久弥主演のテレビドラマ「七人の孫」、以後「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「夢千代日記」に出演。富士フイルム、味の素「ほんだし」などのテレビコマーシャルにも出演。77年

プロフィール詳細へ

樹木希林に関連するトピックス

  • 【特集】樹木希林さんが遺した言葉 女優・樹木希林さんの遺した言葉をまとめた書籍が、各社より出版されています。ユーモアがありながらも深く、心に響く希林さ... |2019年03月04日 (月) 19:00
    【特集】樹木希林さんが遺した言葉

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品