ユニクロ潜入一年

横田増生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163907246
ISBN 10 : 4163907246
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
309p;20

内容詳細

ワンマン経営に疲弊する現場を克明に描く潜入ルポルタージュの傑作!

サービス残業、人手不足、パワハラ、無理なシフト、出勤調整で人件費抑制――。
「(批判する人は)うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」
そんな柳井正社長の言葉に応じ、ジャーナリストはユニクロの店舗への潜入取材を決意。妻と離婚し、再婚して、姓を妻のものに変え、面接に臨んだ――。

「週刊文春」誌上で大反響を呼んだ「ユニクロ潜入ルポ」をもとに、一年にわたる潜入取材の全貌を書き下ろした。読む者をまさにユニクロ店舗のバックヤードへと誘うかのような現場感に溢れたルポルタージュである。気鋭のジャーナリストが強い意志をもち、取材に時間をかけ、原稿に推敲を重ねた読み応えのあるノンフィクション作品が誕生した。

序 章 突きつけられた解雇通知
第一章 柳井正社長からの招待状
第二章 潜入取材のはじまり
イオンモール幕張新都心店@(二〇一五年十月〜十一月)
第三章 現場からの悲鳴
イオンモール幕張新都心店A(二〇一五年十二月〜二〇一六年五月)
第四章 会社は誰のものか
ららぽーと豊洲店(二〇一六年六月〜八月)
第五章 ユニクロ下請け工場に潜入した香港NGO
第六章 カンボジアブラック告発′サ地取材
第七章 ビックロブルース
ビックロ新宿東口店(二〇一六年十月〜十二月)
終 章 柳井正社長への潜入の勧め

【著者紹介】
横田増生 : 1965年、福岡県生まれ。アイオワ大学ジャーナリズムスクールで修士号。93年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務め、99年フリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    週刊文春に連載された記事の単行本化。著者はの増田増生氏。潜入取材というのは海外ではよく行われる手法ということだ。氏は苗字を合法的に変えて潜入する。ユニクロに限らず収益を上げ続けたり急成長する企業の背景には本書にも出てくる違法な残業や目標必達のための無理なノルマ、経費削減として労働時間カットなど本来は糾弾されるための事象が蔓延していると思う。グローバル化によって海外でも日本同様またはそれ以上のことも起こっている。そして最近起こっている大手企業の品質問題。効率化・収益大の陰で泣くのはいつも一般労働者だと思う。

  • それいゆ さん

    数あるブラック企業の一つがユニクロで、作者はユニクロにエールを送っているのかな?という気もしました。私は定年退職でしたが、ユニクロとは比べようもないブラックな職場に勤めていました。ひどい時期は毎朝7時に出勤、終業は午後9時。毎日5時間月100時間の残業、うち90時間はサービス残業。上司に命令された残業ではなく、仕事が追いつかないので仕方ない残業です。帰宅してからも深夜まで仕事をしていました。よくもったものです!元気に無事定年を迎えて家族には感謝です。再雇用なんかゴメンでした。今は好きなことをしています。

  • GAKU さん

    どこの企業も多かれ少なかれ、こんなものでしょう。結局弱者は搾取され、良い目を見るのは一部の経営者のみ。

  • けぴ さん

    価格から考えると衣類の質が良いユニクロ。これを維持するための社員やバイトのブラックぶりが描かれる。筆者の名前がバレないように一度離婚して再婚、妻の旧姓にしてからユニクロにアルバイターとして潜入する念の入れよう。開店前7:30〜閉店後23:30まで、時給1000円+サービス残業で過酷な労働が強いられる。特に感謝祭の時のレジ打ちはぶっ続けでめまいがしそう。アジアの下請けにも酷い労働をさせている。山口の田舎会社をここまでの企業にした柳井さんは凄いが、十分儲けたのだから、そろそろ社会貢献に軸足を移さないと。

  • honyomuhito さん

    柳井社長に恋でもしてるのかというほどの執着で描かれるユニクロ潜入ルポ。少し感情的な感は否めないが、溢れる情熱を持って書かれているのはわかる。 前作「ユニクロ帝国の光と影」を書いたのが原因で、決算発表会見への出席を断られた著者が、漫画家 弘兼憲史と柳井社長との対談で、ユニクロがブラック企業と呼ばれることに対してそれを否定をしながら、「うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかぜひ体験してほしい」と発言をしたことを逆手にとって https://chirakattahondana.com/ユニクロ潜入一年/

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品