パレスチナ紛争史 集英社新書

横田勇人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202441
ISBN 10 : 4087202445
フォーマット
発行年月
2004年05月
日本
追加情報
:
18cm,206p

内容詳細

イスラムの過激派組織が増えつつある現在、パレスチナ問題の解決は一段と重要性を増している。本書ではこの紛争の歴史をわかりやすく俯瞰し、現役記者ならではの精緻なレポートで「憎しみの連鎖のなぜ」に答える。

【著者紹介】
横田勇人 : 1965年大阪生まれ。88年、大阪大学文学部卒業。同年、日本経済新聞社に入る。文化部、「Nikkei Weekly」、国際部などを経て99年より2002年までカイロ支局長。その間、キャンプ・デービッド和平交渉、アルアクサ・インティファーダなどを取材する。02年3月より日本経済新聞社国際部記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • James Hayashi さん

    日経新聞記者、04年著。パレスチナもユダヤも流浪の民となりかの地を失うことはできない。しかし根深い問題で読んでいるだけで疲れてしまうほど、解決策は見当たらない。宗教は異なっても同居できないわけではないので、未来には憎しみ合いをやめ平和になってほしい。

  • おらひらお さん

    2004年初版。インティファーダをキーワードとして、パレスチナにおけるイスラエルとアラブ諸国、とくにパレスチナとの争いの歴史を概観した本です。記者である著者は前半に紛争の歴史、後半に取材を通じてタイムリーな動きに迫っています。イスラエルがナチスにやられたことをパレスチナで繰り返していることが残念ですね。いつか憎しみの応酬に歯止めはかかるのでしょうか。

  • けんぼう さん

    イスラエルによる パレスチナの 水簒奪はひどいです。水源近くの土地を接収して、パレスチナ住民への水の供給を少なくしています。 エルサレム市内は銃を持った兵士が巡回していて、緊張感あります。 エルサレムの城壁外にいるときは、緊張の連続です。欧米の身勝手でできたイスラエルという国は領土拡大すべきでないと思います。

  • はすのこ さん

    ISが台頭してきた現在、やはり情報の古さが目立つ。仕方ないことだが。

  • Kei さん

    前半は世界史で読み進めづらかった。後半はルポ。 パレスチナ人=アラブ人、 イスラエル=ユダヤ人国家 という認識がないと理解不能。事の発端はイスラム教のムハンマドとユダヤ教のモーゼが二人ともエルサレムを聖地としてしまったニアミスからだそうで。バビロニア帝国支配、オスマントルコ帝国支配など支配者が変わる度にユダヤ人は離散されてきており、つくずく可哀想な人種だと思う。2004年に著したものなので大分変っているでしょうが根深すぎる問題だと痛感。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

横田勇人

1965年大阪生まれ。88年、大阪大学文学部卒業。同年、日本経済新聞社に入る。文化部、「Nikkei Weekly」、国際部などを経て99年より2002年までカイロ支局長。その間、キャンプ・デービッド和平交渉、アルアクサ・インティファーダなどを取材する。02年3月より日本経済新聞社国際部記者(本デー

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品