おにぎりの文化史 おにぎりはじめて物語 見るだけで楽しめる!

横浜市歴史博物館

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227610
ISBN 10 : 4309227619
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
128p;21

内容詳細

「おにぎり」は、いつから握られたのか?考古学がガチでおにぎりの歴史にアプローチ。古代から現代にいたる日本人とコメの密接な歴史に迫る!!横浜市歴史博物館、話題の「大おにぎり展」が増補書籍化!!

目次 : 序章 おにぎりをさがす旅へ(おにぎりってなんだろう?/ これはおにぎり?それとも?/ おにぎりへのアプローチ)/ 第1章 進化するおにぎり(おにぎりの最新形態/ おにぎり?おむすび?/ ふるさとおにぎり百選!)/ 第2章 おにぎり今昔物語(おにぎり丸いか三角か/ 大江戸おにぎり捜査網!/ 中世以前のおにぎり)/ 第3章 はじめてのおにぎり(戦国時代のおにぎり/ お墓から出たおにぎり!/ 発見!弥生時代のおにぎり?/ 古代のおにぎりを探る/ 古墳時代のおにぎりが出た!!)/ 第4章 おにぎりが握れない!?(おにぎりはどこから来たのか?/ おにぎりは稲作とともに?/ いろいろな炊飯の方法/ やっぱりおにぎりは握れない?/ 弥生時代の炊飯方法にトライ/ 蒸し米調理のナゾ/ 古墳時代の炊飯方法を実験!/ おはしとおわんの登場)/ EPILOGUE 「大おにぎり展」の反響

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ままこ ฅ*•ω•*ฅ♡ さん

    おにぎりの歴史が色んな角度から調べて書かれてある。遺跡からおにぎりが発掘されてたとは知らなかった。腐ってなくなると思ってたけど条件によって炭化米として残るそうだ。アスファルトの塊みたいだった。美味しそうな“ふるさとおにぎり百選”の写真も見てみたかったな。米離れが進んでるけどおにぎりは今も人気者。横浜市歴史博物館で行われた「大おにぎり展」が盛況だったのも頷ける。

  • ネコタ さん

    横浜市歴史博物館で開催された「大おにぎり展」での出展を中心にまとめられたもの。こんな特別展があったんだねー。大変興味深かった。地方のおにぎり、昔のおにぎり、おにぎりの進化、コメについてなどなど盛りだくさん。銭入りおにぎりってすごいなー。

  • よこたん さん

    “全国チェーンで展開するコンビニおにぎりの普及によって、呼び名や形の地域差はなくなってきているようだ。” お茶碗のご飯だとグズグズ進まないのに、何故かおにぎりにしてもらった途端にパクパク食べる子だった。おにぎり?おむすび?三角?俵型?丸?、この本では海苔には言及していないが、巻くのは焼き?味付け?海苔と、具のことは置いといても多種多様で、シンプルながら土地柄も出る食べ物である。おにぎりは、いつ頃からおにぎりとして存在していたのか。土器でご飯を炊いてみる実験が興味深い。美味しさを求めて工夫をこらしたのだな。

  • けんとまん1007 さん

    まさに文化史。おにぎり、おむすび。いずれも、文化の表れだ。以前に、同類の本を読んでいたので、いろいろと思い出した。人間、植物、動物、道具・・・それらの結晶だ。

  • ヒデミン@もも さん

    確かにおにぎりには歴史があった。地方のおにぎりの写真があれば尚良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品