幻花幻想幻画譚

横尾忠則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336059765
ISBN 10 : 4336059764
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
410p;28

内容詳細

ユニークで謎めいた図像と執拗なまでの精緻な線描が織りなす濃密で幻惑的な世界。挿絵のあり方を超え、イメージを自在に展開させて生まれた、横尾忠則のイラストレーションの総決算にしてグラフィック・ワークの最高傑作。

1974〜75年にかけて新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)による時代小説「幻花」のために横尾忠則が描いた挿絵全371点を完全収録。

【著者紹介】
横尾忠則 : 美術家。1936年兵庫県生まれ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。2000年以降も東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館で相次いで個展を開催。95年に毎日芸術賞、01年に紫綬褒章、06年に日本文化デザイン大賞、08年に小説集『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、14年に山名賞、15年に第27回高松宮殿下記念世界文化賞など、受賞・受章多数

瀬戸内寂聴 : 作家・法師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 王天上 さん

    やりたい放題。当時、特別な存在だったことがうかがわれる。

  • うめこ さん

    展覧会行きたかった!瀬戸内寂聴さんの後書きを読んでますます横尾さんファンになった。突拍子もない。自由。楽しんでいる。多忙により次第に寂聴さんの原稿提出が遅れてくると、原稿を待ちきれず挿し絵を勝手に描いて新聞社に届けたり、時代小説なのに突然挿し絵にUFOを描いたり寂聴さん本人が出たりする!作品も素敵だ。横尾さんの判子の付き方も面白い。上下逆にしたりおもいっきり伸ばしたり。ロックだな。センスが素敵。

  • 犬養三千代 さん

    幻花という小説のさし絵 横尾ワールド全開

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

横尾忠則

美術家。1936年、兵庫県生れ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後も国内外で展覧会開催。2012年神戸に横尾忠則現代美術館、13年に香川県に豊島横尾館開館。01年紫綬褒章、11年旭日小綬章、朝日賞、15年高松宮殿下記念世界文化賞ほか美術賞、文学賞受賞多数。著書に『ぶるうらんど』(泉鏡花文学

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品