樋口智子(イラストレーター)

人物・団体ページへ

あの子

樋口智子(イラストレーター)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784759222210
ISBN 10 : 4759222219
フォーマット
出版社
発行年月
2000年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,1冊

内容詳細

「あの子といっしょにおらんほうがええで。」あの子をめぐる噂話。排除の論理は広がって行く。理不尽な仕組みを断ち切ることはできるのか。デザイン化された世界が、リアルに現実を語る。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あおい さん

    「あのな きいてんけどな、あの子といっしょにおらんほうがええで」噂がどんどん広がっていく様子を顔の絵だけで表現している。無責任な噂怖いわ。

  • 遠い日 さん

    噂に又聞き。人の口に戸は立てられぬ。しかし、今一度立ち止まって考えよう。口車に乗って、尻馬に乗って、愚かなことをしているのではないか。本当のことを見抜く勇気と賢さを持ちたいと思う。

  • ごんたろう さん

    「あの子と一緒にいない方がいい」という噂、根拠のない風評。多くの子がその渦に巻き込まれていく。無数の子どもが登場するが、みな、無表情で描かれる。不気味だ。この現象を「いじめ」と呼ぶのは適切か。悪口ではない。むしろあの子のことは誰も知らない。そしてお互いのことも、自分のことさえ知らない。ここにいる全員に、人格も、個性も、意思さえもない。人間存在そのものに対する無関心。ある種のムードに乗っかっていればとりあえず安心という姿。恐怖に脅え、ひたすら群れようとする姿だ。人間はとても弱く、脆く、そして恐ろしい存在だ。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《図書館‐新刊》これが、仲間はずれになり、苛めに発展するんですよね。

  • 絵具巻 さん

    文京区立根津図書館で借りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品