覇逆のドラグーン 1 -落伍竜機士は運命の姫と、暁の極光世界を翔け上がる-HJ文庫

榊一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784798620268
ISBN 10 : 4798620262
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
283p;15

内容詳細

科学と竜の力が共存する世界。竜機士を育成する軍学校に通う少年・クロウは、ある日突然、異常事態に遭遇する。空を覆うオーロラの下、大人が突如、劣等世代とみなされていた「16歳」の少年少女を、狂気に駆られたように虐殺し始めたのだ。学内一の戦闘力を持ちながらも、反抗的態度から落伍者扱いされていたクロウは、混乱の中、同じく16歳の王国の姫・ルティエとの出会いを果たす。その後、彼は仲間とともに、現れた謎の敵に立ち向かうが!?若き竜機士が混沌世界に牙を剥く、反逆の英雄譚!

【著者紹介】
榊一郎 : 自称・(軽)小説屋。他にもアニメ、ゲーム等の脚本も。代表作に「スクラップド・プリンセス」他にも著作多数。大阪芸術大学文芸学科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まっさん さん

    ★★★☆☆ 設定や世界観はかなり好み。ある日突然「祝福されざる者」と呼ばれる世代の若者達が理由なく虐殺され始め、そんな彼らが絶望的な世界に抗っていく物語。どこからどう見ても救いがない展開や人々が突然「祝福されざる者」達を虐殺し始めた真相などはとても面白いと感じた。ただ、物語上重要な要素となってくる機龍がどのような物か分かりづらかったり、設定だけ見ると絶望的な雰囲気を感じざるを得ないはずなのに何故かそこまで危機感を感じられなかった所が少し残念かなと。

  • nishiyan さん

    科学と竜の力が共存する世界で「祝福されざる者」として差別を受ける「16歳」の少年少女が突如、虐殺される事件が発生する。その困難に立ち向かう軍学校の問題児クロウと「放蕩姫」と疎まれたルティエが出会うことから始まる反逆の英雄譚であり群像劇。「16歳」と認識した時点で襲いかかる敵に囲まれ、身内で殺し合う凄惨な展開が続く中、生き残った個性豊かな仲間たちの掛け合いが一服の清涼剤になっていて良いです。クロウを取り巻くキャラクターたちの恋模様を楽しみながら遺された手がかりを元に行き着く先は…。次巻がとても楽しみです。

  • 真白優樹 さん

    科学と竜の力が共存する世界で、突然大人達が十六歳の子供だけを虐殺する異常事態が発生する中、問題児の少年がはぐれ者の姫と出会い反逆を始める物語。―――抗え、最初から全てを奪っていた世界の全てに。自分達以外は全て敵、希望はなし。そんな絶望的な状況の中、旧式の船を拠り所として空へ飛び立つこの物語。虐殺シーンが濃く描かれるなどシリアスで重苦しい世界の中、微妙な年頃の子供達が団結し世界に抗う、逆境の中の熱が凄まじく彼等の姿から目が離せなくなる物語である。果たして、そこへと辿り着けるのか。 次巻も勿論楽しみである。

  • ざっきー さん

    世界設定がなんとなく捨てプリに似ていると思った。廃棄王女が16歳の世代ということになるのか。ある意味、周囲が敵ばかりの15少年漂流記か。巻が進むごとに主要登場人物が死んでいきそうな、黒い作品。

  • 尚侍 さん

    とっても面白かった。さすがベテランだけあって全体的に手堅い作りで、キャラも男女がうまく配置されていてバランスが取れているのがよかったです。ただ、最終目的地が明示されているのはいいのですが、物語の広がりという意味ではやや弱く、この設定だとどこに行っても苦労しそうである程度先の展開が見えてしまったこともあり、個人的には初巻だけで満足できる内容でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

榊一郎

自称・(軽)小説屋。他にもアニメ、ゲーム等の脚本も。代表作に「スクラップド・プリンセス」他にも著作多数。大阪芸術大学文芸学科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品