時をかける眼鏡 王の決意と家臣の初恋 集英社オレンジ文庫

椹野道流

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784086801683
ISBN 10 : 408680168X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
追加情報
:
256p;15

内容詳細

過去の世界でマーキス王家に力を貸す決意をした西條遊馬は、ポートギース王に嫁ぐ姫王子・ヴィクトリアの供として随行することに。盛大な結婚式が行われるが、大国フランクの使節が殺害されて……?

【著者紹介】
椹野道流 : 2月25日生まれ。著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hirune さん

    【Kindle】もしかして一冊抜かしたかも^^; ポートギース 良いとこ 一度はおいで〜っと みんなで力を合わせて観光誘致大作戦していた巻でした。事件は最後の方で オマケっぽかったな。大団円で良かったです。キャスリーン王女 気ままにいろいろ活躍してましたが、大物の片鱗が見える感じかな、将来が楽しみですね。Kindleだからかなぁ、誤字誤植が多くて、5ヶ所見つけましたよ?

  • よっち さん

    各国の賓客を招きポートギースの王・ジョアンとヴィクトリアの結婚式が盛大に行われる中、大国フランクの使節が場内で転落して不審な死を遂げ、国家同士の大問題に発展仕掛ける第六弾。小国の王の結婚で大国の使節を招待するとなると、いろいろ大変なんだなあと改めて実感しつつ、今回も使節の饗応方法に案を出したり、外交問題に発展仕掛けた不審死の謎を解いてみせたりと遊馬が大活躍でしたね。夫婦の絆がとても清々しくて、事件自体は皇太子の気紛れに救われた感もありましたが、キャスリーンとの今後も気になるところではあります。続巻に期待。

  • 黒柴アーモンド さん

    誤字がいっぱいですよ、集英社さん…(^^;

  • み さん

    さくさくと♪クリスにモテ期(^^)いい方だもんね、ポートギースの女子は見る目があるねぇ。キャスリーンのこれからに注目だわ。遊馬は、そろそろこちらに戻るのかな?

  • nana さん

    kindle:ジョアン王は本当に器の大きい良い男性(^^)王女もなかなか良い子になってきて良かった良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

椹野道流

法医学教室勤務のほか、医療系専門学校教員などの仕事に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品