絶対可憐チルドレン 63 少年サンデーコミックス

椎名高志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098506460
ISBN 10 : 4098506467
フォーマット
出版社
発売日
2021年09月17日
日本
追加情報
:
200p;18

内容詳細

SFアクションコメディー大作、完結。

憎悪の権化となった怪物が、世界を呑み込んでいく。
全てにケリをつける決戦前、皆本は、 “あの場所” で、薫にある想いを伝える。
「あの未来の僕はバカだったよ。止められない君を撃つかわりにこう言えば良かったんだ」――
SFアクションコメディー大作、大団円!

【編集担当からのおすすめ情報】
長い間、読者の皆様に愛して頂いた『絶対可憐チルドレン』が、完結を迎えます。
皆本、薫、葵、紫穂、兵部……などなど、
それぞれの物語の向かう先を、是非その目でお確かめ下さい。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ブラフ さん

    【完結】椎名先生、17年間もの長きにわたる連載、お疲れさまでした。始まった当初は、「GS美神」のようなハチャメチャぶりが帰ってきて面白かった。段々シリアスになっていくのも氏の他作と同じ。しかし長かったな〜。美神の約倍の巻数。最後までギャグ寄りなのも椎名氏の作風の好きなところ。

  • みやしん さん

    鬼の目にも涙。配分は少なくても父娘のシーンは避けては通れなかった。伝統のスタッフクレジットは無かったが、超長期連載も容易くポイ捨てするサンデー誌作品としては破格の大団円。穿った見方だとこれも高橋留美○サイドの恩恵か?プレイバックするには長すぎるし登場人物も多すぎる。総力戦とバトルの帰結は正直何が何やら。それでも各キャラをなんとか掘り起こそうとする製作陣の苦労が伺える。言いたい事はいっぱいあるけど…お疲れさまでした。

  • よねはら さん

    怨念の塊を打倒する幸せの権化・花嫁。大総力戦に大団円からの絶チルらしいエピローグまでやりきった終幕となりました。カバー袖のイラストも本編の余韻と相まって最高ですね。彼と彼女はずっと悲劇の象徴でしたが、悲劇を乗り越え幸せになった世界もあるはず。ずっと追いかけててよかった。お疲れ様でした!

  • ぴよの助 さん

    完結おめでとうございます! 薫達の笑顔が眩しい!皆本の愛が大きいほんと。腹を括って振り切れるとあんなに凄まじい発言をするのか。 犬夜叉コミカライズも楽しみにしてます!

  • コリエル さん

    完結。描き下ろしが気になって買ってみたけど、内容自体に連載分からの追加変更は無いかな。過去と未来が繋がって兵部と不二子が救われるシーンが好きなんで買って損はないけど。久々登場のマッスルを見たときに一番こんなに長い連載だったんだなあ…という感想を抱いたね。美神のボディコンに続いてまた時代の徒花を描いてしまったな椎名。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

椎名高志

漫画家。1989年『Dr.椎名の教育的指導!!』でデビュー。1992年、『GS美神極楽大作戦!!』で、第38回小学館漫画賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

椎名高志に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品