音楽家のカルテ

椎名林檎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784884184407
ISBN 10 : 4884184408
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
175p;21

内容詳細

ニューアルバム『日出処(ひいづるところ)』をリリースし、
アリーナツアー『林檎博'14 −年女の逆襲−』を開始した椎名林檎のオフィシャル単行本が発売決定!

◎雑誌「SWITCH」誌上にて2007〜2014年に掲載された
・ソロ/東京事変の一員として語られた椎名林檎ロングインタビューを完全再録
・これまでの特集号にて掲載された美麗ポートレイトをダイジェスト収録
・好評を博した、椎名林檎自身による音楽リコメンド企画を一挙掲載。
・さらに、最新の撮り下ろしグラビアや未公開レコーディング/リハーサルスタジオのドキュメント写真を掲載

以上、全176ページ。

アルバム『平成風俗』から最新作『日出処』に至るまでの、
約7年間に及ぶ椎名林檎という“音楽家”の軌跡が一冊になりました。過去に雑誌「SWITCH」で特集した椎名林檎/東京事変の特集号は現在ほとんどが完売品切れ状態。そのため、これまでに再読の要望が多数寄せられていました。この単行本は、その声に応えた、まさにファン待望の一冊です。

椎名林檎が刻んだ激動のキャリア、その変遷を読み解く完全保存版クロニクル。

葛藤と苦悩の果てに迎えた鮮やかな進化と華麗なる覚醒とは?いつも新しく在り続ける表現者のかくも美しき軌跡(カルテ)がここに

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    椎名林檎は矛盾を恐れない。それは、誤解も許容しているということでもあるのだろう。最近の事例で言えば、楽曲「NIPPON」に寄せられた批判。ネットを中心にした「右翼的」という反応に対し、彼女は「貧しい」と漏らす。確かに、排他主義的誤解を生む言葉がないではないこの曲には、危うさがある。しかし、この曲がNHKからの依頼で書かれた経緯を知るとき、言葉の言い切りが、彼女特有のサービス精神が導いたものの可能性にも行き着く。いや、そもそも彼女は本書の中で、こうまで言ってのけているのだ。(つづく)

  • islet ☮ さん

    これからの季節、さりげない肌見せファッションとか上がるように、何にせよ、ユーモア&ちょっとエッチという要素って技やと思う、難易度高いけどね。色気って知性が無いと出せないものやし。美学がある彼女の言葉は、事変や椎名林檎の音楽そのもので、肉体的で素晴らしい。運動的音楽論では、自分と同じ感覚で事に使えてる人が居るという驚きでストレスが軽減、読んで良かった。誰も教えてくれなかったから大声で言わせて欲しい、これすごい良いよ〜!「ウルトラC」観てる。混沌と葛藤を経て、いつも新しい女性は、だから最高に美しい。

  • ヒラソル さん

    学生の時に深夜にテレビから流れてきた歌声に戦慄が走った。まだ無名であり見たこともなかった。アルバム出たら絶対に買うと待ちわびて発売日に買い至福の時を得た。あれから10数年もたつ。いまだに色褪せないのは謙虚さを備えつつ一つの正解を求め続ける姿勢にあるのだろうか。批判にも賞賛にも耳を傾けて何ができるかを追求してあったらいいなを具現化する。至高の存在。音楽家でない個人としての彼女をいつか見てみたいものである。生後すぐの病気で死なずに生きていてくれて有難う。背中の傷を見れる人が羨ましい。

  • Spuddy さん

    久しぶりの椎名林檎を聞きながら読んだ。本当に美しい生き方の人だな、と思う。「正解は一つしかない」と言いきりそれをひと時も妥協せず追求し続ける感じも、色んな事に考えが張り巡らされながらも、手触りみたいなものを強烈に残す肉体的?な感じも。みんな2歳ぐらいまでは同じようなのに、どこからどう枝分かれして28歳に行き着くまでにこんなに出来ることとか至れる思考とか技術とかに差がつくのか、本当につくづく不思議だ。インタビュアーの対象への愛と敬意ある感じも素敵だ。もっと濃く、謙虚に、鍛錬積んで生きていきたいと思うなり。

  • えい さん

    椎名林檎を、世間は奇抜な天才シンガーだと勘違いしている。本誌では雑誌SWITCHで行われた2007年から14年にかけてのインタビューが一挙にまとめられている。彼女は自覚的な秀才だ。計算し尽くされた音楽、歌詞、ヴィジュアル。したたかでいて謙虚な姿勢。そうして天才を完璧にまで演じられる自己プロデュース力。ビジネス的音楽家でありつつも、商業的すぎず、かといってアンダーグラウンドにも寄り過ぎない、絶妙なバランス感覚こそが“椎名林檎”という音楽家が持つパワーなのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

椎名林檎

素直に生きるということの素晴らしさ、情熱をかたむければ何かは達成できるというある種、自己暗示ともとれる潔さをもったアーティスト・椎名林檎。創り出す作品ごとに賛否両論や、様々な憶測を醸し出す彼女は、ポップスターでありながら、ロックスターでもあり、天性の才能の持ち主でもある。好きなものを好きといい、嫌いなものを嫌いという。正直にはなかなか生きれない現代において、自分のやりたいことに信念をもって貫き通す

プロフィール詳細へ

椎名林檎に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品