森田実の一期一縁

森田実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784476033397
ISBN 10 : 4476033393
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
森田実 ,  
追加情報
:
214p;20

内容詳細

戦争で息子を失った母の慟哭、学生運動に命をかけた青春期、気がつけば足を踏み入れていた評論家の世界、素晴らしき人物との出会い…。骨太の精神の軌跡を描いた自伝的エッセイ。

目次 : 第1章 平和について思うこと(私の八月十五日/ 一枚の写真/ 母の悲しみ/ 相洋中高時代/ たった一人の平和運動 ほか)/ 第2章 素晴らしき出会い(隔世の感/ 進歩的文化人/ エメラルド婚/ 怒鳴り合い/ 言論界の恩人 ほか)

【著者紹介】
森田実 : 評論家。東日本国際大学客員教授。1932年、静岡県伊東市生まれ。神奈川県小田原市の相洋中学・高校卒業。東京大学工学部卒業。学徒動員の最後の世代として戦争を経験。若き日は原水爆禁止世界大会に参加し、広島・長崎の被爆地慰問など平和運動に取り組む。日本評論社出版部長、『経済セミナー』編集長をへて、73年に評論家として独立。以後、テレビ、ラジオ、著述、講演活動など多方面で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • gtn さん

    著者はここ数年特に、物事を偏見なく捉え、積極的に発言しているように思える。平和思想は元々持っていたのだろうが、それに説得力が加わった。きっかけは何だったのだろう。

  • wiki さん

    義のあるところ火をも踏む、といった厳たる信念が著者から感じられる。著者の友人知人への、深い尊敬が感じられる。戦争を知り、戦争は絶対悪であるとの信念を持って生き抜いてきた著者の魂が、平易な文章の中に光っているような心地がした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森田実

1932年、静岡県伊東市生まれ。東京大学工学部卒業。日本評論社出版部長、『経済セミナー』編集長などを経て、1973年に政治評論家として独立。テレビ・ラジオ・著述・講演活動など多方面で活躍。中国・山東大学名誉教授、東日本国際大学客員教授、東日本国際大学「森田実地球文明研究所」所長(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品