ドイツ兵捕虜の足跡 板東俘虜収容所 シリーズ「遺跡を学ぶ」

森清治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787719393
ISBN 10 : 4787719394
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
96p;22

内容詳細

第一次世界大戦時のドイツ兵捕虜を収容した鳴門市の板東俘虜収容所。そこでは捕虜たちが印刷所や菓子店を開き、コンサートやスポーツ活動を盛んにおこない、製パン技術や楽器演奏法が地元住民に伝授された。戦時下でありながら、互いを認めあい、生まれた豊かな文化の姿を追う。

目次 : 第1章 一〇〇年前の慰霊碑(ドイツ兵の慰霊碑/ 歴史遺産・板東俘虜収容所)/ 第2章 第一次世界大戦とドイツ兵捕虜(日独戦争/ 日本の捕虜取り扱い/ 突貫工事で建設/ ドイツ兵捕虜の特徴)/ 第3章 姿をあらわした収容所(収容所内の配置/ 捕虜が生活した兵舎/ 製パン所とパン竃/ 収容所内の商店街/ その他のさまざまな施設)/ 第4章 文化活動と地元住民との交流(盛んな捕虜の文化活動/ スポーツと遠足/ 地元住民との交流)/ 第5章 よみがえる板東俘虜収容所(ドイツ兵の慰霊碑の供養/ 互いを認めあう交流の証)

【著者紹介】
森清治 : 1966年、徳島県徳島市生まれ。立正大学文学部史学科卒業。鳴門市教育委員会生涯学習人権課で板東俘虜収容所跡の発掘調査を担当。現在、鳴門市ドイツ館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • uniemo さん

    第一次世界大戦の時、青島で捕虜となったドイツ兵の収容所の跡地を発掘調査した記録。写真や図など多くて当時の様子がわかりやすくて興味深かった。捕虜収容所内部で生ビールを売っていたりケーキ屋があったなんて、収容所のイメージと異なりました。ベートーヴェンの交響曲『第9番』の初演がこの収容所内だというエピソードも初めて知りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森清治

1966年、徳島県徳島市生まれ。立正大学文学部史学科卒業。鳴門市教育委員会生涯学習人権課で板東俘虜収容所跡の発掘調査を担当。現在、鳴門市ドイツ館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品