葬偽屋は弔わない 殺生歩武と5つのヴァニタス 河出文庫

森晶麿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416021
ISBN 10 : 4309416020
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
森晶麿 ,  
追加情報
:
329p;15

内容詳細

家族の借金、失職、恋人だった男の死…人生のどん底にいたセレナに声を掛けたのは、“葬偽屋”を名乗る謎の僧侶・殺生歩武だった。歩武に命を救われその下で働くことになったセレナは、依頼人の望むニセモノの葬儀を手伝うことに。それぞれの偽の死に隠された秘密とは!?偽りの死が“生”の愛しさを照らし出す異色の人情ミステリ。

【著者紹介】
森晶麿 : 1979年静岡県生まれ。作家。早稲田大学第一文学部卒業。日本大学大学院芸術研究科博士前期課程修了。2011年に『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(早川書房)で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さくら さん

    心の支えだった元彼が死んだ。 死に囚われたセレナは歩道橋の手摺に手をかけ―――。 タイトな仕事に金の無心をしてくる親。 心身ともに疲れていたセレナに手を差し伸べたのは、"葬偽屋"と名乗る怪しげな男。 彼の仕事を手伝えば、自分の葬偽代を出してくれる!? 何となく先は読めたり、都合よく行き過ぎたり... 面白い設定だけに、少し勿体無い気がしました。

  • lollipop さん

    特典目当てで慌てて読了。森さんは書籍の売り方が上手だなぁ〜 死別した元カレの存在がなかなか消化されないセレナは仕事も辞め歩道橋の上から覚悟を決める。そんな時にニット帽と夜なのに黒いサングラスに喪服の歩武と出会い四カ月だけ葬偽屋の手伝いをすることになる。セレナと歩武が黒猫カップルのようになるのか今後が楽しみですね。阿佐ヶ谷にあるカフェ<サボタージュ>に黒村目当てでコーヒー飲みに行きたいです。

  • キキベル さん

    「葬偽屋」生きてる時に、偽物のお葬式を行う。 そのことからわかる真実。 私には、こうまでして知りたい真実はまだ無いけど、この「葬偽」で救われる人がいる。 まあ、良かったな、と思う。

  • はる さん

    装丁が変わっていて、間違えて再読。 保険調査員セレナは、仕事もうまくいかず、元彼の死に落ち込み、自らも命を断とうと思っているところに、殺生歩武という僧侶と出会う。そして、葬偽屋を手伝ってくれとお願いされる。偽の葬儀を行う商いだ。 再読なのに、びっくりするほど、ストーリーを忘れていた。

  • ほたる さん

    文庫で再読。偽の葬儀を執り行うことで見えてくる人間関係。ヴァニタスの考えから見えてくるそれぞれの死に対する想い。セレナと歩武のここからの関係が気になるので新作万全状態で待機中。 「貴方の素敵なお葬式をお手伝い 葬偽屋 殺生歩武」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品