はじめの一歩 125 週刊少年マガジンKC

森川ジョージ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065150795
ISBN 10 : 4065150795
フォーマット
出版社
発売日
2019年07月17日
日本
追加情報
:
188p;18

内容詳細

ライト級日本人最強を決める死神・間柴VS.新星・伊賀戦。見つめる一歩は何を思う!? 東洋太平洋ライト級王者の間柴了と日本ライト級王者・伊賀忍のタイトルマッチ。死神の鎌に対し、栗田トレーナーの指令通りに「3つの弱点」を攻める新星。激戦が予想された試合は、意外な決着に!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 抹茶モナカ さん

    間柴対伊賀の試合。サブキャラクターの試合も丹念に描き、それが長い連載による蓄積で試合自体が面白いのはさすが。なのだけれど、もう、間柴と沢村の試合の事は忘れた自分がいて、「3つの弱点」の沢村の部分がピンと来なくて、とりあえず、間柴はラフ・ファイトに怒りやすいんだ、という気配を察しながら読む。表紙カバーは一歩のボクサー姿なので、いつか復帰するんだろう、と、思いつつ、引退した選手の「未練」について描きたい故の寄り道の巻だ、と、最後に納得する。ここまで買い集めて来て、断捨離の時期を考えながら、やはり、最新刊購入。

  • Chikara Tonaki さん

    未練ありあり。これは復活あるなぁ。

  • 毎日が日曜日 さん

    未練と後悔が膨らむ。

  • F4ふぁんとむ さん

    そして、次は鷹村。たしかにやめたやつの未練は聞きたくないわな。

  • 藤和田 さん

    間柴VS伊賀戦。3つの弱点、上手いこといきそうだったんだけどなぁ…ついに間柴が世界宣言。直近の負けた理由を試合から気付いたけど…これ復活するのか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森川ジョージ

講談社専属で少年漫画を執筆。代表作は、『週刊少年マガジン』(講談社)の看板でもある『はじめの一歩』。1991年度(平成3年)、第15回講談社漫画賞少年部門受賞(『はじめの一歩』)。ボクシングジム「JBスポーツクラブ」のオーナーでもあり、現在は会長も兼任している。また大の釣り好きである。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品