ユニコーンの聖乙女 聖獣と乙女の契約事情 一迅社文庫アイリス

森崎朝香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784758046732
ISBN 10 : 4758046735
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
297p;15

内容詳細

両親を失い、結婚させられそうになっていた田舎の町娘・オルナを助けてくれたのは、ユニコーンのクインティゲルン。契約し彼の乙女となったオルナは、恩返しのため立派な乙女になることを決心!王都の館で新生活を開始するけれど、ユニコーンの彼と会えるのは夜だけで―?結婚回避の手段は、聖獣との契約!?癒しの力をもつ乙女とユニコーンの青年の凸凹契約ラブファンタジー!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陸抗 さん

    両親を亡くし、婚約者とは上手くいってない町娘のオルナ。森の湖でユニコーンと出会い、悩みを聞いてもらったのを機に、ユニコーンの乙女になることを決意する。ユニコーンと乙女の関係、乙女を集めたレーアの館の仕組み等、この世界の基本的な説明で終わった印象。契約したユニコーンのクインティゲルンの事情は明かされず、すっきりしない部分もかなり残った。

  • ダージリン さん

    いいですね〜ユニコーンと乙女(笑)。でもロマンスの萌芽はあるけれど、まだまだ師弟関係のようなふたりです。オルナのピンチに「心配などしていない」と言いながら、助けにとんで来たり、説教したりするクインティゲルンがとても好きです♪ 続きもぜひ読みたい〜!

  • 幸音 さん

    表紙買い。許嫁はいるけど結婚したくないオルナと、月夜に会うユニコーン・クインティゲルン。契約を交わした彼には過去に最高の乙女がいたので、最高の2番目の乙女になるという彼女の思考が面白い。ユニコーンの乙女による無償の癒しの裏事情を知ったオルナが選んだ道に好感持てた。聖乙女の由来を知ってから、ではタイトルの意味はどういうこと?と思っていたらラストで判明。努力に努力を重ねて乙女になったセラフィナのイラスト見たかった。あらすじにラブファンタジーとあるけどラブは無く、絆の物語。毒舌挟みつつオルナ第一なクーが可愛い。

  • ゆり さん

    両親を亡くし辛い時期に出会ったユニコーンと契約した田舎の町娘オルナ。尊大で毒舌だけどオルナのことを常に心配し守りお説教するクインティゲルンがなかなか良いヒーローでした。平凡な女としての人生しか知らなかったオルナが彼の最高の二番目となるために学び努力していく様もまっすぐで良い。ユニコーンの乙女の館をめぐる裏事情は今後少しずつ身につけ学んでゆけば良いと思います。子を助けられたビルギッタさんの変わり身は、まあ世の中甘くないよねー。鳴海ゆきさんの挿絵が美しくて素敵です。

  • もずく さん

    読書メーターから。ユニコーンとの契約ファンタジー。「最高の乙女」と評される素晴らしい女性が共にいたクインティゲルンの過去を知り、決して彼の「唯一」や「第一」を求めず「二番目をめざすね」と頑張るヒロインでした。一番になりたいというような悩みは一切ないので新鮮で興味深かったです。ベストシーンは夜空でのお説教。絵師さん同様に私も先代乙女との過去が気になります。担当さんの「獣だけど、ヒロインの前ではイケメンに変身するっていうのがおいしいんじゃないですかー!!」に爆笑。確かにおいしいですよねー!!激しく同意!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森崎朝香

東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品