結果が出るゴルファーの共通点 最高のインパクトは「釘打ち」で誰でも身につく

森守洋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309292533
ISBN 10 : 4309292534
フォーマット
出版社
発行年月
2022年12月
日本
追加情報
:
192p;19

内容詳細

超人気プロゴルフコーチの結論。上手いゴルファーは“無意識”でクラブが正しく動く!!100以上叩いている人を70台まで上達させたゴルフクラブの使い方。体が知っている動きに感覚を置き換えれば上達は一瞬!!

目次 : 序章 ゴルフは、はじめに「道具」ありきです(釘打ちができる人はゴルフも上手くなる/ 「身体意識」に縛られると自分の本能を生かしにくい ほか)/ 第1章 パットやアプローチも釘打ちの感覚で早く上手くなる(クラブの使い方はパットから覚えるのがいい/ タイガー・ウッズもパットは手首を自然に使って打っている ほか)/ 第2章 アイアンやドライバーも釘打ちの理屈は一緒(グリップエンドが支点の振り子運動の「最下点」を感知する/ 支点が左側に移動するから自然にダウンブローの動きとなる ほか)/ 第3章 釘打ちの感覚でインパクトゾーンを整える(ミスショットが出るのは体の動きが悪いわけではない/ ボールに対してフェース面をどう当てていくかが大きなカギ ほか)/ 第4章 釘打ち感覚のスイングが早く身につく練習法(グリップゆるゆる素振りでクラブを自由に動かしてみよう/ 連続素振りでクラブヘッドの通り道の「残像」を目に焼き付ける ほか)

【著者紹介】
森守洋 : 1977年生まれ。静岡県下田市出身。高校時代にゴルフを始める。95年に渡米し、サンディエゴにてミニツアーを転戦しながら腕を磨く。帰国後、陳清波に師事し、ダウンブロー打法を学ぶ。現在は、東京都三鷹市で「東京ゴルフスタジオ」(http://tokyo‐gs.com/)を主宰し、原江里菜プロ、堀琴音プロ、香妻陣一朗プロら複数のツアープロコーチを務め、多くのアマチュアの指導にもあたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森守洋

1977年生まれ。静岡県出身。高校時代にゴルフを始める。95年に渡米し、サンディエゴにてミニツアーを転戦しながら腕を磨く。帰国後、陳清波プロに師事し、ダウンブロー打法を学ぶ。現在は、東京都三鷹市で「東京ゴルフスタジオ」を主宰し、香妻陣一朗プロ、原江里菜プロ、堀琴音プロら複数のツアープロコーチを務め、

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品