人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly? 講談社タイガ

森博嗣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065135945
ISBN 10 : 406513594X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
299p;15

内容詳細

生殖に関する新しい医療技術。キョートで行われる国際会議の席上、ウォーカロン・メーカの連合組織WHITEは、人口増加に資する研究成果を発表しようとしていた。実用化されれば、多くの利権がWHITEにもたらされる。実行委員であるハギリは、発表を阻止するために武力介入が行われるという情報を得るのだが。すべての生命への慈愛に満ちた予言。知性が導く受容の物語。

【著者紹介】
森博嗣 : 工学博士。1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nayu さん

    人間のように泣いたのか?     人間のように。     泣きました。             人間っていいな。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    んんん? これで終わってしまうのか? ノベルスのほうでほかのシリーズが続いているからモチベーションを維持してもらおうというたくらみでしょうか? まあいいんですけどね、読みますから……。

  • yu さん

    Kindleにて読了。 中盤までは、何だかハギリ先生とウグイさんいい感じじゃん!とまったり読んでいたが、後半の出来事が唐突すぎてびっくり。っていうか、ハギリ先生、何だか心は小学生の男子で、ウグイさんが気の毒になってくる。。。人を好きになるっていう感情に、一体彼はいつになったら気づくんだろうか。人間とロボットの決定的な違いとういうものを如実に感じたストーリーだった。

  • はと麦茶 さん

    終わってしまった。疑問が解消したとは言えないけど、まあいいかな。この世界の普通の人たちの生活がちょっと垣間見れたような気がするのも、現代とあまり変わってなさそうなのもホッとするような。ウグイファンへのサービスか。

  • ゆんこ姐さん@拒食中 さん

    ちょ!ま!え?!!!感想より前に、これ完結?!完結なん?!!それとも次章開幕的な?!全10巻?!は?!え?!続刊情報ないやんか!!!!ちょ…ちょ…これ以上生きる希望奪わないで………死

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

森博嗣

作家、工学博士。1957年12月生まれ。名古屋大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年に『すべてがFになる』(講談社)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。以後、続々と作品を発表、人気を博し、多数の著作がある。2010年には、Amazon.co.jpの10周年記念で殿堂入り著者に選ばれた(

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品