暗い時代の人々

森まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750514994
ISBN 10 : 4750514993
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
294p;19

内容詳細

戦間期のファシズム下における戦時抵抗者たちの評伝集で、著者の代表作となる力作です。
山本宣治や山川菊栄、竹久夢二など、自らの信念を曲げずに希望の光を灯した9人を描き出します。

【著者紹介】
森まゆみ : 1954年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。作家。出版社勤務ののち、1984年に友人らと東京で地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊。2009年の終刊まで編集人を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • キムチ27 さん

    森さんの本 何時もながら安心してその語りに付いて行ける。世代が同じだから?価値観が似ているから?そして「暗い」⇒大いなる興味。軽佻浮薄と対岸に在る人々の生き方を見せてくれる。精神の自由と一口に言うがそれを守る、命をとして・・ただ唖然として頁をめくるばかり。亡き母は思想的な話は一切しなかったがこの時代を生きたはず・・ただ「昭和の初めはとてつもない暗さだった」とだけ聞いた。俎上に乗るのは8人の男女。性科学者として公私ともに発信し続けた山宣、山川菊栄の周囲の女性の日常説明が殊に興味引かれた。

  • 星落秋風五丈原 さん

    森まゆみさん平塚らいてう本当にきらいなんですね。竹久夢二がこの中にいるというのが異質だったが内容を読んで納得。今の風潮に抱く憤りがちらほらと出てくる。

  • 水無月 さん

    「反軍演説」の斎藤隆夫、白色テロに倒れた労農党の山本宣治、この2人の代議士の生き方に特に感銘を受けた。また竹久夢二の今まで知らなかった一面にも。取り上げられるのは、何よりも精神の自由が許されぬ状況=「暗い時代」に自分なりの方法で立ち向かった人々であるが、批判すべき点にも目を背けず、彼らの軌跡を評価する著者の視点も清々しい。「この前の戦争の時、わたしはまだ生まれてなかった。この次の戦争が万一起こる時はわたしは責任があると思うから」というあとがきに深く頷く。

  • 呼戯人 さん

    ハンナ・アレントの「暗い時代の人々」を引用しつつ、日本の暗い時代を生きた人々を活写した評伝。治安警察法や治安維持法があって、人々の思想統制を行っていた時代にかすかな灯火を掲げた人々を描く。山川菊枝の美しさに打たれた。あの二度とあってはならない暗い時代に、社会主義運動、女性解放運動に取り組み、戦後は厚生省の局長まで勤めた女傑。私たちの国も再びあのような暗い時代に戻ってゆくのだろうか。ファシズムに抗する精神の運動を取り戻し、憲法を守っていかねばならない。

  • ruki5894 さん

    ほとんど知らない人ばかり、知らない事ばかり。せめて8月くらいは過去から学ぼうと自分を叱咤する。普通選挙とは名ばかりで女子の参政権はなかったが、それさえも治安維持法と抱き合わせだったとは…。勇気をもらう一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品