すべての疲労は脳が原因 3 仕事編 集英社新書

梶本修身

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208986
ISBN 10 : 4087208982
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;18

内容詳細

すべての疲労は脳が原因3<仕事編>

過労や長時間労働が問題となっている今、苦痛を伴わずに、脳を休息させながら仕事のパフォーマンスを上げる方法が求められている。

疲労を防ぐ、脳の「トップダウン処理」、「メタ認知」という情報処理能力、「ワーキングメモリ」を生かして仕事の効率を上げる方法、人間関係のストレスへの具体的な対処法など、“疲れずに仕事をする方法”を丁寧に解説。

疲労のメカニズムを科学的に解説した第一弾、食事・睡眠・生活環境での疲労予防や解消法を具体的に示した第二弾につづく、『すべての疲労は脳が原因』シリーズの第三弾。

■目次
はじめに 脱脳疲労で仕事を効率化する
第一章  疲れない脳を作る
第二章  疲れない脳を作る鍵は「記憶」にあり
第三章  疲れを溜めない働き方を身につける
第四章  ビジネスシーンで脳疲労を予防する方法
第五章  職場で疲れない人間関係を築く
第六章  脳疲労とストレス・不調の深い関係
おわりに

■主な内容
・加齢で疲れが増すのは自律神経のパワーが落ちるから
・脳疲労を防ぐ鍵は情報の「トップダウン処理」
・シミュレーション能力を鍛えて効率的に情報処理をする
・不要な情報はあらかじめ「断捨離」する
・五感を多重的に活用すると記憶が定着しやすい
・「ワーキングメモリ」が情報を「断捨離」して仕事を効率化する
・睡眠不足だと記憶は定着しにくくなるのは本当
・重要度が低いタスクは翌日にまわす
・60%の力で70%の結果を出すと仕事の効率は高まる
・仕事上のタスクを点数化する
・「手を抜くのが当たり前」の発想を持つ
・目を閉じるだけで脳疲労は軽減できる
・昼休みにちょうどいい「パワーナップ」の効用
・眼精疲労の原因は自律神経の失調
・新幹線や飛行機での移動疲れを避ける方法
・ストレスの原因を3つに分類して紙に書き出す
・上司の感情的な怒りは部下に伝わらない


【著者紹介】
梶本修身 : 医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。また、大阪大学医学部発のバイオベンチャー企業を上場した経験から、大阪大学大学院経済学研究科で、「ベンチャービジネス創成」論を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • koheinet608 さん

    著者曰く、自律神経も筋肉と同じように発揮できるパワーの上限は決まっていると。これは年齢と共に落ちていく。20代と比べて30代は8割ほどになり、40代になると半分ほどになる。拡大解釈すれば、同じ20代の疲労では、30代では1.26倍、40代では1.87倍になる。最近、「疲れやすくなった」と自覚している人は、単純に言えば「すること」が多いからだろう。年齢を重ねると共に「すること」を厳選して行い、決して無理をしない、ただ日本でこれを実現するのは極めて困難だと思う。

  • balthazar さん

    シリーズの2は飛ばしてこの3を先に読む形になった。40歳以上の人間は自律神経の機能が若いころに比べると低下してくるので疲れやすくなる。ではどうしたらいいのか、を説明。仕事では60パーセントの力で70パーセントの結果を出すようにすべきだが、日本の今の働き方は「お疲れ様でした。」のあいさつにみられるように100パーセントの力を出し切ることが求められているので、これを変えるべきである、などの鋭い指摘がなされている。今行われようとしている「働き方改革」もこの本に書かれていることを参考にする必要がありそうだ。

  • Y.N さん

    ▼タスクを付箋にして、毎朝5分で作り、終わったら捨てる。体調により、こなす数を変える▼100%の力で100%以上は無理なので、60%の力で70%を目指す。得意分野なら可能▼「飽きた」は脳疲労のサインなので休む▼負荷が大きい日の飲み&運動は❌。早く寝ること▼脳の潜在能力(経験値)の現れが直感なので、従ってみるかなぜそうか考える▼物事を俯瞰、客観視するメタ認知を鍛えると脳も鍛えられる▼短時間で休むには目を閉じ机に伏す(視覚情報を遮断)▼オープンスペースよりもパーテーションで仕切りを作りパーソナルスペースを確保

  • こじみき さん

    シリーズ最終版。社会人の自分には本書が最もためになりました。テクニックが多く書かれてますが、一番印象的なのは常に全力はもたないよということ。適度に手を抜くことは悪いことではない。継続的に働き続けるために非常に重要なこと。学生とは違うなあと感じます。あの頃は常に全力で結果もついてきたのに社会人はなぜそうもいかないのだろうか?責任の度合いや組織の違い?いずれにせよ、健康で働き続けるために疲労は溜めないようにします。手を抜くとこは絶対に抜きます。ほどほどに。悪いことではないと自分に言い聞かせて…

  • kenitirokikuti さん

    このシリーズも3作目。今回も容赦なく「休め、寝ろ。」と言ってくれる。「自律神経機能測定装置」ってのを作ったらしく、加齢によりどれだけ自律神経の働きが悪くなるかを計測していた。筋力も加齢で低下するけど、自律神経機能は落ち方が激しい。10代→40代で半分になってしまう。60でさらに半分。わかる…▲集中力はようするに緊張状態なので、中年になったらそれで勝負しないように。藤井聡太が強いのはその若さもあるのだ。ミドルティーンだもんな…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 看護師におすすめの本 ナースのための薬の事典や、看護の現場ですぐに役立つ医療ガイドをご紹介いたします。 |2018年07月11日 (水) 12:00
    看護師におすすめの本
  • NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻 科学者たちは語る。「人体の真の姿は、巨大なネットワークだ」いま、医学の世界で起きている大転換。最新科学が明らかにした... |2018年01月16日 (火) 18:08
    NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品