信長のシェフ 30 芳文社コミックス

梶川卓郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784832238558
ISBN 10 : 4832238558
フォーマット
出版社
発売日
2021年09月16日
日本
追加情報
:
184p;19

内容詳細

大航海時代の世界史に大きな事件が起きた。スペインによるポルトガル併合である。
その大変化の中、宣教師・ヴァリニャーノは信長に“明国征服”を打診する。
一方、間者を使い、ヴァリニャーノが本国へ送る書簡を手に入れた明智光秀は、ヴァリニャーノの真意を知り…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美周郎 さん

    別の本で偶々最近読んで気になっていたが、春菊の花が描かれている漫画は初めて見た。我々は未成熟の葉を食べてるのか、キュウリみたいなもんか。

  • なさたなだ・ざざす さん

    イエズス会との接触を通して信長のビジョンは海外出兵に向き、光秀は信長への忠心から失敗の可能性が高い唐入りの再考を促す。しかし案そのものの正しさや、自分の言葉で信長が曲がるわけが無いという自認から、信長の為に内密に動き始める。四国にいるケンの同時代人や武田の存在など気になる点は多々あるものの、光秀を見誤ったケンと迫る本能寺の変に関心が向き、続きが待ち遠しくなるエピソードでした。 本筋以外でも間々の宣教師の記録からの拾い話や食材、料理の話は相変わらず読ませる内容であり、読み物としても十分面白い作品です。

  • KUU さん

    この作品では、本能寺の変こういう理由にするのか―。黒幕から理由まで、戦国時代で一番バリエーションあるイベントだと思う。 そして、今巻一番のイベントはケンの結婚。……漫画時空だから、未だに二人とも若々しくてイイですね

  • 参謀 さん

    信長の明への海外出兵の思惑。それに猛反対する明智光秀。どのように本能寺の変の明智の裏切りへと持っていくかと思っていたのですが、ようやくその発端が垣間見られた感じでした。歴史の新事実による新たな解釈もあるようで、そこは面白いです。そして、やっとのケンと夏との祝言。ケンはこの時代に生きるのですか…ラストは現代の望月さんの存在を仄めかし、今回は終了。次は出会ってどうなるかですね。

  • 笠 さん

    3.5 新刊読了。南蛮征服を見据えた信長の唐入り構想。そして光秀の心に芽生えたある考え。本作における信長と光秀は深い信頼関係で結ばれ、ここからどう本能寺につなげるのかと永らく疑問に思っていたが、おそらく結論としては「唐入りを止めるために信長を討つ」という、『へうげもの』などと同じ目的になりそう。しかしその動機は正反対で、その忠誠ゆえに、唐入りという汚れ仕事を信長にさせないために自分が代わりにやろうとする、というかなりアクロバットな解釈。だからといって謀反って話になるかな?と思うが、どう繋げてくるのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

梶川卓郎に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品