恋するエクソシスト 2 レガロシリーズ

梨沙

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781608419
ISBN 10 : 4781608418
フォーマット
発行年月
2012年08月
日本
追加情報
:
303p 19cm(B6)

内容詳細

『真昼の怪』の調査で夏休みを潰してしまった刻子たちは、雅の父・蒼然の紹介で、彼の知り合いが経営する海沿いの古民家へ宿泊することになる。飽きもせず愛の言葉をささやき続けるジャンに戸惑う刻子。そんな彼らの様子を見守る(楽しむ)佐々子と金之助。一方、刻子に思いを寄せる雅はジャンの存在に心中穏やかでいられない。旅先といえども相変わらずの彼ら、と思いきや―「生身だと、欲情して困ります」「ジャンのことが気になる?僕のことよりも…?」ジャンと雅が刻子に急接近!?美形でオタクなエクソシストと霊感女子高生の除霊ラブコメディ、初合宿は波乱の予感。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ううち さん

    百年前の恋のお話は良かったけど、それまでが長かった…。ジャンとクロの関係が気になります。刻子ちゃんはクロと話す時は普通なので、ジャンにドキドキするのは甘い台詞なせい?雅くんにはこれからも頑張って欲しいものです。単行本はでかくて重いので文庫にならないかしら。続きは見つけたら。

  • 陸抗 さん

    100年前の悲恋の話は良かったけど、そこにたどり着くまでの、ホラーじみた展開が全然怖くなくて、うーん。ジャンは寝てばかりで、中にいるクロ(仮)が活躍してた。陰陽師は顔見せだけなのか?雅は今後活躍の場はあるのか?

  • さなだ さん

    図書館 「あれ、続き出たんだ?」というのが正直な感想。1巻完結でもよかったんじゃないかな。 2巻目ほぼ、雅の話し。 ジャンの中に何かがいる。刻子とクロと会話が良いです。

  • 儚 さん

    今回はほとんどジャンの出番なかったくせに最後の最後良いとこどりしてったなぁ。お色気担当の仕事はしてたか。雅が頑張ろうとするも空回り〜?結局刻子が動いてたかな。甘いというかほのぼの焦れったい関係。謎が残されたままなのよね。式神とか過去とか出生とかとか、次で全部解決するかな?

  • NeiGe さん

    ジャンの見せ場はほぼ無しだったものの、ジャンの中の存在や過去が気になる良展開。雅の今後の成長も気になる。しかし宮司や巫女は今後も出すつもりだろうけど中途半端な謎の描写ばかりで活躍もせず…勿体無い。これなら別の機会に登場させてきちんと活躍させてあげた方がよかったような。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品