あせびと空世界の冒険者 10 リュウコミックス

梅木泰祐

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784199506772
ISBN 10 : 4199506772
フォーマット
出版社
発売日
2019年05月13日
日本
追加情報
:
208p;19

内容詳細

グラム隊によるブラントへの航行中、ウォルデシア保安部隊が襲撃!ユウとダリアはグラム隊に加勢。前回の戦闘で得たザイルの腕を使った新しい武器で応戦、ザイル・ストック等と激闘を繰り広げた。ユウたちは保安部隊を追い詰めるも、なずなとリコリスの裏切りによりあせびが犠牲に…。リコリスは去り際に叫んだ。「もう一度あせびちゃんに会いたいなら、ブラントまで来なさい!」ユウたちはあせびを取り戻すべくブラントを目指し最後の戦いへ――!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コリエル さん

    完結。少年と少女、古代文明と空のロマンの詰まった王道の物語をキッチリ完結させた。もうちょっと読んでいたかったけれど、終わり方には満足。2000年代にここまでストレートな物語はなかなか読めないので、貴重な作品だった。

  • mnagawa さん

    うまく終えられたのではと思う。ユウの思考スタイルがいちばんの要だった。それに導かれたようなものだから。またとても難しかったのは、やはりリコリスだろう。ここまで悩ましい存在になるとは思わなかった。やり切れなさと疑念を抱きつつこれからも生きるのか。最後はユウとあせびの気持ちに動かされたのだろう。でも納得はできない筈だ。曲打ちのグラムは少しくらい無念を晴らせたのだろうか。

  • へ〜ジック さん

    つくしちゃん可愛いですの。

  • ばぶるす さん

    ここまで丁寧に進めてきてたのに最後の数話はちょっと色々詰め込みすぎ。 後日談諸々含めてあと1話くらい描かせてやってほしかった。打ち切りとは言わないけど最後のほう急がせすぎじゃないですかね。

  • YS-56 さん

    完結。彼女らの物語は伝説となったのでございます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品