翁と観阿弥 能の誕生 能を読む

梅原猛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784046538710
ISBN 10 : 4046538716
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
558p;22

内容詳細

能を知るたのしみ。能の源流「翁」の世界をひらき、観阿弥の先駆を読み解く。新釈の現代語訳がひらく能の新たな世界。演者の言葉から能の心にふれ、論考で能の核心に迫る。

目次 : 能を読む―曲解説・現代語訳(翁/ 葵上/ 蘆刈/ 海士/ 綾鼓/ 鵜飼/ 雲林院(古形)/ 柏崎/ 通小町/ 金札/ 自然居士/ 昭君/ 卒塔婆小町

【著者紹介】
梅原猛 : 哲学者。1925年、宮城県に生まれ愛知県で育つ。京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター初代所長などを歴任。哲学から仏教の研究に入り、その間に『隠された十字架』『水底の歌』を執筆。「梅原日本学」を確立。その後、能を研究

観世清和 : 二十六世観世宗家。1959年、二十五世観世左近の長男として生まれる。父に師事し、初舞台は四歳。1990年家元継承。「箱崎」「丹後物狂」「阿古屋松」など世阿弥自筆本の復曲に取り組む。芸術選奨文部大臣新人賞受賞。フランス文化芸術勲章シュバリエ受賞。社団法人観世会理事長。財団法人観世文庫理事長

天野文雄 : 能楽研究者。1946年、東京都生まれ。大阪大学名誉教授。国学院大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士(法政大学)。『翁猿楽研究』で第十八回観世寿夫記念法政大学能楽賞、『世阿弥がいた場所』で第五回木村重信民族藝術学会賞、第四十回日本演劇学会河竹賞を受賞

土屋恵一郎 : 法哲学者・能楽評論家。1946年、東京都生まれ。明治大学法学部教授。能の研究上演団体「橋の会」運営委員、芸術選奨選考委員(古典芸能部門)、芸術祭審査委員(演劇部門)を歴任

中沢新一 : 思想家・人類学者。1950年、山梨県生まれ。明治大学野生の科学研究所所長。宗教から哲学まで、芸術から科学まで、あらゆる領域にしなやかな思考を展開する。『対称性人類学カイエ・ソバージュ5』で第三回小林秀雄賞、『アースダイバー』で第九回桑原武夫学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やま さん

     梅原、松岡、中沢の三氏による「翁」をめぐる鼎談はとても刺激的。日本の中世を形づくったセントラルドグマのようなものが見え、またそれが汎アジア的なものとしても捉えられることに心躍る。  国文学の分野に欠けている視点についても指摘されており、もう一度、自分の読みや思考、そして指導内容や方法を学び直すきっかけをもらった。特に、『古今集』『伊勢物語』『平家物語』、そして何よりも文学史をダイナミックに捉えなおすこと。

  • ず さん

    このシリーズ、手許に置きたいけど躊躇する価格。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

梅原猛

1925年仙台市生まれ。京都大学文学部哲学科卒。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター顧問。日本ペンクラブ会長も務めた。仏教伝道文化賞、NHK放送文化賞などを受賞。文化勲章受章。著書に、『隠された十字架 法隆寺論』(毎日出版文化賞)、『水底の歌』(大佛次郎賞)、『ヤマトタケル

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品