満月珈琲店

桜田千尋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048968225
ISBN 10 : 404896822X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
92p;19X19

内容詳細

傷ついた心を照らしてくれたのは、いつも「満月珈琲店」でした。
疲れた人だけが訪れることのできる「満月珈琲店」。
毎日、日没にスタートする。

憧れのお兄ちゃんに失恋した小学生。
挫折から自分の道を模索する元アイドル。
仕事に自信が持てない中堅サラリーマン。
最愛の人を亡くした年老いた女性。

マスターの元には今日も疲れた人がやってきた。
提供されるメニューが、それぞれの悩みを優しく包み込む。

顔を上げたその先にある未来は―――。


イラストレーター桜田千尋の天体をモチーフにした美しいイラストと、感動の物語が溶け合い、ずっと手元に置いておきたくなる特別なイラストストーリー集。

もくじ
第1章:春 〜秘めた恋

第2章:夏 〜折れた心

第3章:秋 〜見えない未来

第4章:冬 〜巡りあわせ

【著者紹介】
桜田千尋 : 兵庫県三田市出身のイラストレーター。月や星をモチーフとした幻想的なスイーツ、ドリンクなど「満月珈琲店」のイラストで人気。TeNQ開業5周年イベントや『満月珈琲店の星詠み』(文藝春秋)イラスト制作ほか、カフェでのメニューコラボなど多岐にわたり活躍している

望月麻衣 : 北海道出身。2013年にエブリスタ主催第2回電子書籍大賞受賞。『京都寺町三条のホームズ』(双葉社)が第四回京都本大賞受賞、アニメ化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんごろ さん

    満月珈琲店のメニューは癒やしのメニュー。 心が弱った時、人生の岐路に立たされた時、ポッと現れるトレーラーカフェ。そのメニューは、その人の人生にヒントを与えてくれる。淡く切なく哀しくリフレインする物語に一縷の涙が流れた。

  • へくとぱすかる さん

    夢のように青く、黄昏れた世界に、あたたかい灯は心の底を休ませてくれる。望月さんの文章ともマッチして、夢の景色そのものを見せてくれるような桜田さんのイラストが、全ページにわたってすごく美しい。ただコーヒーを飲みたいだけで、ひとは喫茶店に行くのではないだろう。落ち着きや、ここではない場所を求めてやってくる。猫のマスターがかけてくれる優しいことばと、何よりおいしい不思議なメニュー。神出鬼没で、いつ巡り会えるかわからないのが最大の魅力かもしれない。さて、「水星のアイス」って、どんな味がするんだろう?

  • 美紀ちゃん さん

    イラスト集的な美しさ。素敵!「水星のアイス」食べてみたい!めちゃめちゃ美味しそう!なんじゃこれ!素敵すぎる。「空色ビール“星空“」美しい。何回も読みたい素敵なイラスト。

  • ひすい ☁︎** さん

    満月喫茶店の文庫本から興味を持ち購入☑︎「桜田さん」のイラストは綺麗で何度見ても飽きさせない素敵な魅力があります☺︎イラストがあることでストーリーにぐっと引き込まれ、春夏秋冬のストーリーは一つ一つに優しさが込められていて心がほっこりとします。この本は、私も諦めずもっと沢山の努力してあっという間の人生を自分らしく楽しんでいこう‼︎という前向きな気持ちにさせてくれた一冊です☺︎

  • katsubek さん

    2冊目の文庫を読み、1冊目をさがしていて、同時にこの本に遭遇。優しくて嬉しくて寂しくて哀しい。イラストの深みにはまる。今朝、公園で桜の花芽を見た。そう、命は季節とともに巡るのだ。新たな今日に、一歩ずつ、一歩ずつ。そばに置いて、時折り眺めてみたい、そんな本だ。よい本との巡り合いに感謝。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

桜田千尋

1987年生まれ。兵庫県三田市出身、東京都在中のイラストレーター。webで発表した作品「漫月珈琲店」のイラストが話題となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品