薬に頼らず血圧を自力で下げるコツ

桑島巖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309286952
ISBN 10 : 430928695X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

130を超えたら黄信号!高血圧治療30年の名医がやさしく教える。食事、運動、脱ストレス。今日からラクに始められる64の方法。

目次 : 第1章 血圧を下げる食事のコツ―まずは塩分控えめに(塩分控えめの食習慣で血圧120mmHgを目指そう!/ 和食はヘルシーじゃない!?塩分摂取量が多い日本人 ほか)/ 第2章 血圧を下げる食材と栄養素―ミネラル、たんぱく質など(カリウム、マグネシウム、カルシウム。優良ミネラル3種を摂ろう/ カリウムは塩出しのエース。なるべく生で摂取したい ほか)/ 第3章 自律神経を整えるちょっとしたコツ―ストレスは高血圧のもと(血圧を上げる交感神経をなるべく抑えることが大切/ 診察室血圧よりも家庭血圧に注目。日常生活に血圧計を ほか)/ 第4章 血圧を下げるおすすめ運動習慣―毎日少しずつでOK!(毎日少しずつでもいいから体を動かす習慣をつけよう/ 定期的な運動習慣は、何歳からでも血管を若返らせる ほか)/ 第5章 高血圧が引き起こす病気と対策―これだけは知っておきたい!(アメリカでは高血圧の基準値が変更。130mmHg以上が高血圧に/ 至適血圧でも血管に負担はかかる。血圧を低く抑え臓器ダメージを軽減 ほか)

【著者紹介】
桑島巖編 : 東京都健康長寿医療センター顧問。1945年生まれ。1971年岩手医科大学卒業。1973年より東京都養育院附属病院(現・東京都健康長寿医療センター)循環器科に勤務。1980年アメリカニューオリンズオクスナー研究所に留学。以降、東京都健康長寿医療センター内科部長、東京医科大学客員教授を兼任し、2005年に東京都健康長寿医療センター副院長となる。2009年臨床研究適正評価教育機構理事長就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品