うみねこのなく頃に散 Episode6: Dawn of the golden witch 1 Gファンタジーコミックス

桃山ひなせ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784757533424
ISBN 10 : 475753342X
フォーマット
発行年月
2011年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;19

商品説明

黄金の魔女へと至る、二人のベアトの物語…。

六軒島を舞台にした第6のゲームは、戦人が構築した魔女幻想”。そしてその謎に挑むのは、“探偵”古戸ヱリカ。「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」の桃山ひなせが描く注目のEP6、遂に登場!!

(C)竜騎士07/07th Expansion

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 伊瀬有佐 さん

    待ってました、うみねこEP6! 恋愛を前面に押し出して来たEPです。天草再登場なのも嬉しい。GM戦人と駒戦人のテンションの差。プレイヤー戦人とGM戦人の変わりようには驚愕した。雛と姉が可愛いくてもう。いかん、妙なレーダーが( お箸ッ、お箸ッ、はぁはぁ。ヱリカ可愛いよぺろぺろ。あと何年待てば戦人の指輪強姦シーンが見れますか。家具が人間として生き始める――――――さぁ、ゲームの始まり。

  • 日奈月 侑子 さん

    再読です。 心境は解らないでもないですが戦人の雛ベアトに対する接し方にどうしてもぐむむとなってしまいます。まあ、姿は自分の愛した人なのに中身が違うってなったら確かに、どうすれば解らないってのはあるんでしょうが…。 そして冒頭のシーンは…まあ後で更に酷い状態になってしまうのを知っているだけに、既に苦い気持ちになっていたり…。 EP8まで一応読んでいるので、以前読んだ時は疑問符いっぱいだった紗音と嘉音の言葉の意味が何となく見えてきたのが嬉しいです。 しかし、雛も本物も、六軒島のベアトも…やっぱり可愛いなあと。

  • 645 さん

    ep5完結前に読んだのは是非が問われる所だが、八城十八(傍観の魔女)の存在により物語を理解しやすく有難い。前回のゲームでは戦人は事件の真相に至り、同時に6年前の罪に気づいたらしい。その罪とはベアトの存在に関係し、そして謝罪を口にする程のもの。当初の対決を取り戻すという目的から変わりプレイヤーのベアトの再生に執着する原因は?縁寿は物語の終焉を目指す。それは魔女の存在の否定、すなわち今の兄への最大の悲しみになるわけで…。この複雑な状況での癒しは雛ベアトの健気さ。姉ベアトも登場?『2』という数字は意識しとこう。

  • びゃーし さん

    EP5から思いっきりつながってるのでそれなしで6読むとネタバレ感半端ないよね!原作未読組はついていけるのか・・・これ・・・!雛は相変わらず可愛いな!そしてエリカに陵辱される戦人が楽しみで仕方ない(最低)調子乗ってたらアレだよ!

  • なめねこ さん

    二人のベアトが何を意味するんだろう!? 新キャラとして作家(魔女)と悪魔二人が出てきてこの戦人が紡ぎ出す第6のゲームどうなっていくのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品