種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

柿沼裕朋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582206777
ISBN 10 : 4582206778
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;22

内容詳細

9.6(土)から個展開催!没後10年の展覧会図録兼ねた怪物タネムラの美術ラビリントス。ヤンセン、ベルメールから横尾忠則、四谷シモンまで130点を収録!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yn1951jp さん

    鰯と鶏足の帽子を被った種村が「タネムラスエヒロとは、マニエリスムスである」とアピールする。今更のように種村独自の世界を堪能できる魅力的な企画展だった。……マニエリスムは様式ではなく、権威への反抗の表現で、西欧への東方(辺境)の風が生み出すクラシシスムとの対立。『怪物のユートピア』の表紙(1968竹口義之)のように、種村には楕円のようにふたつの中心があり、西と東は戦い、片方がゆがんだもう片方にひっぱられていく感覚、これに対して澁澤は円のように中心がひとつだった。(巌谷氏講演より)

  • martha さん

    板橋区立美術館で開催されている「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち展」で購入。ナンセンスや虚構、ねじれ、覗き、没落とエロスなどかテーマの絵画をはじめとするあらゆる創作物から、澁澤龍彦らの種村季弘に当てた直筆の手紙などがあり、かなり楽しめたので二回足を運んだ。特に「覗き」の桑原弘明のスコープと池田龍雄の衣装箪笥は初めて直に覗いてみて興味深かった。水槽を見ていると不思議と興奮する理由が、この覗きの展示に来てみて分かった(笑)購入した本は、展示物の殆どを網羅しているが、写真が小さすぎて吟味できないのが残念。

  • monado さん

    こうして種村季弘が紹介した美術を眺めると、少し人間性を超越した香りがし、不思議な一貫性も感じられる。自分の趣味はかなり種村季弘に近いというか依拠している。ハイデルバッハなど珍しい絵が多いだけに、値段高くてもよいので大きくして欲しかった。

  • OKKO (o▽n)v さん

    種村季弘展@板橋区立美術館のカタログ、つくりは単行本。シュルレアリスム展の巖谷センセのコロナブックスと双璧 ◆けっきょくあの日澁澤の虜になって我が一生は決まったようなものだが、種村にはいまいち手が回らず。ゆえに本展の「体験」はご利益最大級 ◆一環として開催された巖谷國士講演会にて種村とマニエリスムの関係を聞き新たに大いに学ぶ。てかんもぉー、巖谷センセなんつったらもう我が美術人生のアイドル中のアイドル♪♪ 感激ぃ♪♪ ◆ゾンネンシュターン作品2点あり。まさかこの目で見る日が来るとは‼‼ 目と心に刻みつけた

  • エスペランサ さん

    板橋区立美術館で開催されている「種村季弘の眼」の図録。大判の普通の図録を想像していたら、ハードカバーのしっかりした単行本だった。(図録としては、A4判くらいの方が見やすい。)開いたとたんにギョっとする。さすがに種村だなあという感想。この人とか澁澤龍彦とか、若いころたくさん読んだので、免疫は十分あるつもりだったが、年月の経過で切れかかっていたのだろうか。猥雑な知識のかたまりに圧倒された。図録でこれでは、実際の展覧会会場なんて行けやしない。若い時の頭って、本当柔軟にできてるもんだなと、感心する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柿沼裕朋

1970年、東京都生まれ。1993年からディレクターとしてテレビの美術番組を制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品