きょうのできごと、十年後

柴崎友香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309023236
ISBN 10 : 4309023231
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
追加情報
:
196p;20

内容詳細

あれから十年。30代になった男女が飲み会に集まった。行定勲監督で映画化された名作のその後を描く、感動の芥川賞受賞第一作!

【著者紹介】
柴崎友香 : 1973年大阪府生まれ。2000年『きょうのできごと』で作家デビュー。同作は行定勲監督によって映画化。『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、『春の庭』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiro さん

    前作を半月前に読み、そのあとすぐに映画も観た。前作と同様、‘きょう’に大きな話の展開があるわけでもなく、前作の10年後の一日が淡々と描かれているが、この10年間に彼たちに起こったことを読んでいると、やっぱりそうかと思うこと、えーと思うことが重なって、彼たちにもう一度会えて良かったと思う。また、10年経てば、中沢と真紀の関係どうなっているか、正道はまだ大学にいるのか、けいと、かわちはどうしているのかと大変気になるので、更に彼たちの10年後にも会ってみたい。行定勲には前作と同じ俳優たちでの映画化を期待したい。

  • おくちゃん🌱柳緑花紅 さん

    「きょうのできごと」は未読なのに先に本作「きょうのできごと、十年後」を読んだが、それでもとっても良かった。今の自分は十年前の自分が全く想像していなかった自分で、そして十年後の自分は・・・・。歯がゆく、甘く、切ない。京都が舞台のお話は、それだけで私をひきつけ魅了する。

  • あつひめ さん

    十年、長く感じますか?短く感じますか?学生時代のように夢ばかりを追う年頃ではなくなっても、まだまだ迷いのトンネルから抜け出すことはできない。30代のトンネルは夢や希望とは違う現実と向き合うことだから。仲間って、時間を飛び越えて空白の時間を埋めてしまう。埋められないのは恋心だけなのかも知れない。青臭かった彼らが、現実の荒波の中でそれぞれのタイムラインを生きている。仲間だから弱いところも読まれてる。だから、少し見栄をはったり、強がったりしてみたくなる。でも、仲間だから大目にみてみてもらえるんだよね。

  • Mumiu さん

    「十年前」は映画が先でした。当時から中沢くんは結構どうでもよくて;^_^A。女の子たちはかわいいけどよくわかんなくて、正道くんが普通にすきでした。その院生になった正道くんの引っ越しパーティから十年。今度のパーティは中沢くんの町屋バルで。仕事に疲れていたり、失恋したり、予定外の人生だったり、研究者はやっぱり厳しかったり。でもそんな今の自分たちも悪くないよ⁈そうか、ああいう男に寄り添う女は、自分で完結して、男を喰わしていくくらいじゃなきゃダメなんだな。確かに教官たちはヒモ状態なのが多かったなあ。

  • chimako さん

    10年前よりずっと良かった。それぞれが抱えている胸に溜まった澱のようなものも彼等がオトナになった分だけよく分かる。ずっと好きだった人をずっと好きでいられない自分に気づいたり、好きなことをしている自分が果たして本当にしたいことをしているのか疑問に思ったり。大好きだった人がよく知る街で見知らぬ暮らしをしていたり。「今日」は中沢のお店「パソ」の5周年記念パーティ。中沢のベンツが燃える事件に驚きながら読了。相変わらず分からない坂本も酔っ払いの西山も現在。イケメンのかわちも。次の10年後の彼らを知りたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品