ねこのおうち 河出文庫

柳美里

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416878
ISBN 10 : 430941687X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
268p;15

内容詳細

生まれてすぐに「ひかり公園」に捨てられたニーコ。幸運にもおばあさんに助けられ幸せな日々を送っていました。しかし三度目の春、おばあさんとの別れは突然やってきます。ふたたび公園に戻ったニーコは六匹の子ねこを産みました。そして…。いま、子ねこと、彼らを家族に迎えた人々が奏でる命の物語が幕を開けます。生きることの哀しみと煌めきに充ちた、猫小説の新たな代表作の誕生!

【著者紹介】
柳美里 : 1968年生まれ。劇作家、小説家。高校中退後、東由多加率いる「東京キッドブラザース」に入団。俳優を経て、87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。著書に『フルハウス』(泉鏡花文学賞・野間文芸新人賞)『ゴールドラッシュ』(木山捷平文学賞)他多数。2018年、福島県南相馬市小高区に本屋「フルハウス」をオープン。同年「青春五月党」を復活させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つかほ さん

    猫と人間の縁。猫の生き死にを描きながら人の生き死にを描く。見事な構成。フルハウスの選書に申し込み、送られてきた思い出も自分には大事。

  • くろみつあずき さん

    初・柳美里さんと知らず、手に取り読了。 二ーコ、二ーコやぁ と、撫でるおばあさんの優しい手 やわらかいひざの上 陽だまり の風景は、後ろにあるやり切れない「事情」も含めて、仕事柄ありふれて見覚えがあり今も関わっていて でも、自分が動けば仕事になってしまうから 会社が動いたことになってしまうからと 「事情」を持っていることにホッとしている自分がいて、それもやり切れず、 今目の前の陽だまりがせめて 心地よくあるように、関わっていくしかないんだな。

  • てったん さん

    一話目が衝撃的で、どうなるかと思いましたが、決して良いことばかりではなく、大人も子どもも老人たちも生きにくい世の中だけど、そんな中、1匹でも多くの猫たちが、人々の助けになればと思います。 いるだけで幸せになれる猫の力偉大ですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柳美里

1968年生まれ。劇作家、小説家。高校中退後、東由多加率いる「東京キッドブラザース」に入団。俳優を経て、87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。著書に『フルハウス』(泉鏡花文学賞・野間文芸新人賞)『ゴールドラッシュ』(木山

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品