日本帝国勢力圏の東アジア都市経済 慶應義塾大学東アジア研究所叢書

柳沢遊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766420623
ISBN 10 : 4766420624
フォーマット
発行年月
2013年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
339p;22

内容詳細

勢力圏における都市再編の実態。日本人と現地人の織りなす社会関係に焦点をあて、戦時体制に向かう都市の社会変容を描く。日本帝国による戦争拡大・経済政策と都市工業化・広域化の双方から接近した国際的共同研究の成果。

目次 : 本書の目的と東アジア都市史研究の動向/ 第1部 戦間期の都市経済の諸相(永登浦工場地帯の形成と日系企業の集積/ 植民地下の京城における「中小商業問題」の展開/ 植民地期開城における韓国人商権とその特徴/ 長春から新京へ―「満州国国都」の膨張と工業化)/ 第2部 日中戦争下の都市経済の変容(工業都市大連の形成過程/ 戦時下蔚山工業都市計画と油蔚航路/ 「満州国」期における奉天の工業化と中国資本―機械器具工業の分析を中心として/ 日本占領下の済南経済―日本資本と中国資本に着目して/ 日中戦争期の青島経済―日本占領の経済的衝撃)

【著者紹介】
柳沢遊 : 慶應義塾大学経済学部教授。1976年東京大学経済学部卒業、1978年同大学大学院経済学研究科修士課程修了、1982年同大学大学院博士課程単位取得退学。1983年久留米大学商学部専任講師、1986年東京農工大学工学部(一般教育部)助教授、1994年慶應義塾大学経済学部助教授を経て、1998年より現職。専門は現代日本経済史、近現代日本社会史・日中経済関係史

木村健二 : 下関市立大学経済学部教授。早稲田大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。東京農工大学留学生センター教授を経て1999年より現職。専門は近代日朝経済関係史、近代日本移民史

浅田進史 : 駒澤大学経済学部准教授。1997年茨城大学人文学部卒業、1999年千葉大学大学院文学研究科修士課程修了、2007年千葉大学大学院社会文化科学研究科博士号取得。学術博士。2009年首都大学東京都市教養学部助教、2012年駒澤大学経済学部専任講師を経て、2013年より現職。専門はドイツ・東アジア関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品