哲学の起源 岩波現代文庫

柄谷行人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784006004132
ISBN 10 : 4006004133
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
272p;15

内容詳細

デモクラシーの理想とされるアテネの直接民主制は、実は自由ゆえに平等であった古代イオニアのイソノミア(無支配)再建の企てであった。イオニアの自然哲学をイソノミアの記憶を保持するものとして読み解き、アテネ中心のデモクラシー神話を解体する。『世界史の構造』を経て、社会構成体の歴史の起源を刷新する野心的試み。

目次 : 序論(普遍宗教/ 倫理的預言者 ほか)/ 第1章 イオニアの社会と思想(アテネとイオニア/ イソノミアとデモクラシー ほか)/ 第2章 イオニア自然哲学の背景(自然哲学と倫理/ ヒポクラテス ほか)/ 第3章 イオニア自然哲学の特質(宗教批判/ 運動する物質 ほか)/ 第4章 イオニア没落後の思想(ピタゴラス/ ヘラクレイトス ほか)/ 第5章 アテネ帝国とソクラテス(アテネ帝国と民主政/ ソフィストと弁論の支配 ほか)

【著者紹介】
柄谷行人 : 1941年兵庫県尼崎市生まれ。評論家。東京大学大学院英文学修士課程修了。法政大学教授、近畿大学教授、コロンビア大学客員教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柄谷行人

1941年兵庫県尼崎市生まれ。評論家。東京大学大学院英文学修士課程修了。法政大学教授、近畿大学教授、コロンビア大学客員教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品