ゴッホ 旅とレシピ

林綾野

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062165211
ISBN 10 : 406216521X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
林綾野 ,  
追加情報
:
21cm,127p

内容詳細

美味しい食べ物と縁がなさそうだが、作品には活き活きとした食材が溢れている。ゴッホが過ごした町を訪ね、食を通して彼のもうひとつの姿を探った美と食の探訪記。ゴッホゆかりの地のレシピ26点を掲載。

【著者紹介】
林綾野 : キュレーター。アートキッチン代表。アーティストと食の関係を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。再読。あまり料理が得意ではないのか、素朴で簡素な料理が多い。ただ貧しかったからか?ただそれがあったからか、人々の暮らしや街並みを描けたのかも。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。食卓より孤独感漂う田舎で暮らすゴッホが目に浮かんできます。ゴッホの小説ないかな?

  • みどそると さん

    絵画の紹介作品は多々ありますが、ゴッホの人生と絵画とレシピという組み合わせに魅かれて図書館で借りてきました。食べてみたいレシピもあり、作ってみようかな。マハさんの「ジヴェルニーの食卓」を読みかえしたくなりました。

  • ペルー さん

    全然詳しくはないが、大好きなゴッホの絵がたくさん載っていてとてもよかった。ゴッホの生涯について再確認。イギリスで働いていたこともあったんだなぁ。弟のテオは有名だけど、他にもたくさん兄弟がいたんだ。とにかくゴッホは何にでも入れこむ性格らしい。恋愛にもとってもまっしぐら。だからあのような情熱あふれる作品が残せたんだろうけど、普通に暮らしていくには辛いかも。本当に情熱の画家で、人生も短かったけど、画家としての創作活動期間もそう長くないのに、とてもたくさんのすばらしい作品を残してくれた。この奇跡に感謝します。

  • mukimi さん

    画家の食べていた料理をレシピで再現するシリーズ。このシリーズはモネのものも持っているけど、田舎町でひっそり生きたゴッホの食卓はモネより質素で地味な印象。料理や住んだ家、友人への手紙をみていると、精神の病や資金の調達に悩みながら37歳の若さ(髭の肖像でもっと年配のイメージだったのだが実はこんなに若かった!)で自ら命を絶った孤独な画家の人間像が浮き彫りになる。改めて、大好きな絵の中の一筆一筆をみつめその思いを感じ取りたいと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林綾野

キュレーター、アートライター。美術館での展覧会企画、美術書の企画、執筆を手がける。新しい美術作品との出会いを提案するため、画家の芸術性とあわせてその人柄や生活環境、食の嗜好などを研究し、紹介する

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品