男と女の理不尽な愉しみ 集英社新書

林真理子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210095
ISBN 10 : 408721009X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
壇蜜 ,  
追加情報
:
192p;18

内容詳細

甘美で魅力的なはずの男女関係はなぜ、今や絶望的なまでに我々を追い詰めているのか? 古典的男女観ともフェミニズムとも異なる視点の二人が、とかく男女の問題に世知辛い昨今の日本社会を喝破する!

【著者紹介】
林真理子 : 作家。1954年山梨県生まれ。『最終便に間に合えば/京都まで』で直木賞、『白連れんれん』で柴田錬三郎賞、『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞

壇蜜 : タレント。1980年秋田県生まれ。映画『甘い鞭』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 混沌 さん

    ああ面白かった。カバーに惹かれ、林真理子の我の染み出る(という演出?の)まえがきに苦笑しつつ食いつき、本文パラパラ見て購入即断。壇蜜、こりゃああいい女だな。「あの美しい顔で、おっかないことをさらりとおっしゃる、一座が息をのむときが何度もあった」(まえがき)壇蜜の本は全く読んだことないのだが、私のお気に入りさんたちにはおおむね高評価という印象がある。こりゃさもありなんだ。P85、わお。いろいろあるけど、もう今日は寝る。…すっきり寝た後の続きはコメント欄に。

  • starbro さん

    林真理子、壇蜜共に良く読んでいる作家なので、興味深く二人の対談を読みました。ポイズンのある二人なのでどうなることやらと読み進めましたが、毒が中和されて意外とマイルドな仕上りです。壇蜜は男にとって都合の良い女だとばかり思っていましたが、林真理子以上に扱いずらい女なのかも知れません。

  • のぶ さん

    タイトルの通り、男と女の様々なことをテーマにした対談集。対談は林真理子と壇蜜というこの世界には一言ありそうな人選で、林真理子が話題を投げかけて、壇蜜が受け止めるという形式をとっているが、この人選はこの問題に関してはなかなか良いものだと思う。話題は不倫の話から、男女の付き合いに関しての内容分析等様々だが、一見脈略のなさそうな林真理子の投げかけを壇蜜が見事に受け止めて答えている。二人とも人生経験が豊富なのだろうが、対談を通して男と女の内面が浮き出しになってくるのは興味深かった。

  • 寺(本名・芦田愛菜) さん

    ご存じ林真理子と壇蜜の対談本。壇蜜さんのお母様が林さんと1歳しか違わないそうで、この2人に母娘同様の歳の開きがあるのだと思うと感慨深い気がした。基本的には林真理子がホステスになり、壇蜜にインタビューしている様な感じ。私は林真理子の本を読むのは初めてだったのだが、林真理子の事を知る事は少なく、良い『壇蜜入門』といった感じの1冊であった。昨今話題の男女の事件等を扱いながら語る男と女。壇蜜さんが男の人と張り合う気持ちの持ち主というのは意外であった。だからあんなに肚が据わっているのか。ますます壇蜜が好きになった。

  • いたろう さん

    林真理子✕壇蜜、男と女を語る。世間の良識と言われるものをぶった切る「怪」刀乱麻。芸能人の不倫について、法に触れてはいないし、(家族以外)世間様に迷惑をかけていないのに、何故こんなに叩かれるのか分からないというのは、全くうなづける。ベッキー許すまじというおばちゃんたちが、「昼顔」のような不倫ドラマをうっとり見ているという話は笑えた。結婚したり、付き合ったりしている相手がいるのが、女性で50%、男性で40%という話があり、だとすると、男性の4人に1人が不倫や二股をしているということ? これは本当なのだろうか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林真理子

1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。86年『最終便に間に合えば』『京都まで』で第94回直木賞、95年『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当

プロフィール詳細へ

林真理子に関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品