おみせやさんでんしゃ

林木林

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784330855189
ISBN 10 : 4330855186
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;21X27

内容詳細

とけいやさんがとけいをみがいてしゅっしゅっ はとどけいがぽっぽ しょうてんがいがでんしゃになってしゅっぱつしんこーう!もしも、商店街のお店が電車になって空へと飛び立ったら…?詩人が奏でるリズミカルな文と、現代美術家が描く繊細な絵が響き合う、ファンタジックな物語ができあがりました。

【著者紹介】
林木林 : 山口県生まれ。詩を中心に、絵本、言葉遊び、童謡、作詞といった言葉にまつわる創作を行うほか、ラジオでの自作詩の朗読など幅広く活動

いまいずみやすこ : 東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業。現代美術家/紺泉の名にて装飾モチーフの絵を展開したのち、泉イネとして本にまつわる女性をモデルに「未完本姉妹」の制作を始め、ダンサーとのセッション、休みをテーマにワークショップや旅をつづけ、物・空間・身体などの境を横断しながら絵を描くことを探る。『おみせやさんでんしゃ』が絵本デビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    楽しい夢のあるおはなし。お気に入りは『つきがうら』。可愛いけれど迫力もある壮大なロマン。七夕の頃に読んでもいいな。

  • そうさん さん

    5歳1ヶ月。夢のあるお話。宇宙人やうさぎがお店にいるのを探して楽しんでいた。

  • mintjam_ さん

    時計屋、花屋、八百屋、パン屋・・・各店舗が一列に並ぶ商店街が電車になってしまうという発想が実に絵本的です。到着を楽しみにしているのは宇宙のお客様。店ごとの持ち味を活かしたチームワークもみごと。

  • こまさん さん

    商店街、夜になると電車になって、星の彼方まで(╹◡╹)そこで待っているお客さんもいて、林木林さんらしいことば遊びが詰まっていました!夢があります★

  • とろろ さん

    交通新聞社/駅のすぐそばの小さな商店街。最終列車が通過したら開店です。銀河鉄道999のように空へとはしりだすお店たちが楽しい。最初の駅は、つきがおか。月なのでうさぎがお客様。次の星は火星。くらげっぽいのがお客様。ぱんやさんがおいしそう。始発電車が通り過ぎる頃地球へ到着。言葉のリズムも良くて楽しい宇宙旅行の空想が広がる絵本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品