てんとうむし幼児園で育む子どもの生きる力 てんとうむしでみーつけた。

林恵子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344973275
ISBN 10 : 4344973275
フォーマット
発行年月
2015年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
林剛 ,  
追加情報
:
154p;21

内容詳細

園内には時計がない、すべり台は丘の傾斜、限りなく広がるおさんぽコース。驚きの保育実践。

目次 : 生きる力「愛情で咲く しあわせの花」/ これまでの歩み―理想の保育を求めて/ てんとうむし幼児園の四季/ 質の高い保育を目指すために/ 咲き始めた花たち―てんとうむしを巣立った卒園児の言葉/ みんなてんとうむし―てんとうむし幼児園の職員・保護者の言葉/ 結びに

【著者紹介】
林恵子 : 1959年、新潟県生まれ。新潟県立保育専門学院を卒業し、公立保育園に勤務する。3年後、私立保育園の開設に携わる。保育園と障害者施設で6年間勤務し、結婚して京都へ移住。京都でも保育士を続け、てんとうむし幼児園を開設。その保育内容が各新聞やメディアに取り上げられ、社団法人京都府少年補導協会より、原稿を依頼される。また、京都市内の保育士で構成されている「保育・表現を考える会」の役員となり、保育研修会の企画に携わる

林剛 : 1957年、兵庫県生まれ。立命館大学文学部人文地理学科、佛教大学文学部教育学科卒業。職歴:小学校、中学校、高等学校、特別支援学校教員。知的障害者施設、特別養護老人ホーム、精神障害者施設ソーシャルワーカー。露天商。現職:株式会社EL‐LISTON(エル‐リストン)代表取締役。てんとうむし幼児園代表。就労継続支援B型施設(共働Spaceふくろう工房)施設長。京都中小企業家同友会理事。大学社会福祉学講師。看護福祉専門学校講師。京田辺市立小学校人権教育特別講師。京都府立高等学校特別支援教育研究運営指導員。京田辺市障害福祉計画策定委員会副委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 幻冬舎ルネッサンス新社編集部 さん

    幻冬舎ルネッサンス新社刊。てんとうむし幼児園では「自然とともに」をテーマに保育の実践を行っており、四季を通じた伝統行事を始め、さまざまな遊びや学びを日々体験できるよう工夫している。園内に時計はない。園児たちには腹時計があるからである。すべり台は近所の丘の傾斜を利用する。園児達は自然環境での体験を通じて、自分で感じ、考え、行動できる子に育つことが園の教育理念として一番大切なことである。本書ではとりわけ子育て中の保護者、教育関係者にとって、新しい子育てや保育の気づきの一助になるようなヒントが満載となっている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

林恵子

てんとうむしのみに焦点を紋ってモノづくりをしている、てんとうむし作家。2009年、夫が食道がんと診断される。病院で治療をつづけるなか、抗がん剤の副作用に悩まされ、化学療法をつづけるのをやめる。自宅療養となり、抗がん作用のある食材をひとつにまとめたスムージーを作りだす。がんが消えた現在も健康的な食生活

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品