たまごの本 松田美智子のハッピー料理塾

松田美智子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784391139617
ISBN 10 : 4391139618
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
追加情報
:
19cm,159p

内容詳細

たまごで婚活、二日酔い防止、美肌効果ありと、いいことづくしのたまご。料理研究家・松田美智子が、ハッピーになる卵料理を指南。シンプルなレシピほど丁寧に手順をさらい、基本の所作も説明する。

【著者紹介】
松田美智子 : 料理研究家、テーブルコーディネーター、女子美術大学講師。女子美術大学卒業後、ホルトハウス房子先生に師事し、各国の家庭料理を学ぶ。さらに、日本料理、中国家庭料理を学び、1993年より「松田美智子料理教室」を主宰。おしゃれで作りやすい料理、ヘルシーで、素材の味を大切にした調理法を提案する。合理的で現代の生活に合った台所道具の開発や、毎回の食事を豊かにする調味料などの提案も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ユウユウ さん

    相方がたまごラブすぎるので、思わず手に取りました。さてまた卵料理にいそしみますか、笑。

  • ユウユウ さん

    また手に取った卵本。半熟の「じゅくじゅく」なんだろうけど、「とろとろ」とかの方が美味しそうだなと思ったり。今回、カミさんが食いついていたのは、卵煎餅(台湾料理でクレープのような卵生地に色々な具を巻いて食べるもの)。楽しそうだし、今度なんかのイベント日に作ってみようかな。

  • スノーマン さん

    板東英二でも王様でもないけど、ともかく卵料理に異常にテンション上がる女(笑)最近は、朝や夕に隣の家から卵にしょうゆ混ぜて焼いてる感じの匂いが漂う。定番らしい。それはそれはめっちゃ良い匂いだ!とにかくこれから少しでも美味しい卵料理が食べられるような気分に、この本はさせてくれる…。ただし、こんな時間(夜11時)に読む本ではない(笑)お腹すいた…

  • カッパ さん

    ひとこと。たまご好きなので食べたくなって困った。とりあえず、オムレツをつくって食べた。

  • majiro さん

    卵の旬は春か〜!意識してみよう。これも、楽しんで読めて、よかったよかった(^^

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松田美智子

日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品