重版出来! 14 ビッグコミックスピリッツ

松田奈緒子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098605408
ISBN 10 : 4098605406
フォーマット
出版社
発売日
2020年02月12日
日本
追加情報
:
208p;18

内容詳細

書店の未来を作る!

世界の見え方は自分で変える、
未来は決まっていないのだから――


『ピーヴ遷移』を連載する中田 伯が
キャラクターに蝕まれて心を壊し、
無期休載の事態に陥る。

仕事に自信が持てなくなってしまった心だが、
尊敬する書店員・河が計画する
「新しい形態の書店」作りに尽力することで、
本を巡る世界の見え方が変わり…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
漫画家も、編集者も、書店も、未来を模索している。
14集は、いまを反映したエピソードが満載です。

そしてラスト、驚きの展開が待ち受けています!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiro さん

    目次で「担当失格!」「町の本屋さん誕生!」が目に入り、浮き沈みがありそうな巻だろうと思う。まず『ピーヴ遷移』の連載を始めた中田だが心の安定が保てず、編集者として黒沢にも担当失格!という最大の試練がやってくる。もちろんここでくじける黒沢ではない。書店を辞めさせられた河が、黒沢ら仲間の協力を得てブックカフェ形態の町の本屋さんを開く。実際、町の本屋さんはなくならないでほしいが、自分自身も小説は図書館、漫画も割引クーポンを使って電子書籍で購入している。でもこんなブックカフェがあれば、是非利用して本も購入したい。

  • ぐうぐう さん

    苦労し、作り上げたヴィラン・ドルク。そのドルクの毒に侵されていく中田。漫画内のキャラクターは、所詮作り物、嘘だ。しかし、生まれる過程には作者の想い、時には嫌な記憶が作用していたりする。キャラクターに魅力があるとは、それだけリアルであるということなのだ。読者にも、作者にも。中田が「紙に描かれた手に見えて」自分の手をペンで刺す行為は、キャラクターのリアルを反転した象徴的なエピソードだ。つまり、ドルクが本物で、中田が漫画内の嘘という倒錯。チーム河による町の本屋さんプロジェクトもいい。

  • しましまこ さん

    河さんのスタート、泣けた。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★ 本屋の少額取引、興味がある。

  • いまぷ@神戸元町コネクトロン さん

    この2年ほどでブックカフェがすごい増えたけど、連載時はそういう動きにほぼシンクロだったのだな。これ読んで、自分でもやろう、と思う人がきっと何人もでてくることでしょう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松田奈緒子

長崎県生まれ。月刊『コーラス』の「ファンタスティックデイズ」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品