親指Pの修業時代 下 河出文庫

松浦理英子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407937
ISBN 10 : 4309407935
フォーマット
出版社
発行年月
2006年04月
日本
追加情報
:
15cm,333p

内容詳細

新しい恋人、春志と、性的に特殊な事情を持つ人々が集まる見せ物一座“フラワー・ショー”に参加した一実。だが、一実自身は同性である映子に惹かれてゆき、そして―果して親指Pを待ち受ける運命は?性の常識を覆し、文学とセクシャリティの関係を変えた決定的名作が待望の新装版に。

【著者紹介】
松浦理英子 : 1958年、愛媛県生まれ。85年『葬儀の日』で第47回文学界新人賞を受賞し、デビュー。94年、『親指Pの修業時代』で女流文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アマニョッキ さん

    いやこりゃ本当にすごい作品。人間は生殖だけではなく、愛や快楽というかたちでもセックスを求めてしまうという試練。性器的なものばかりにスポットをあてているようでいて、実は非性器的な皮膚感覚にこそ本当の快楽はあるというテーマの深さ。これは全人類必読の書ではないだろうか(言過?)。教科書に!というのは無理だろうからして、どこかの大学の文化人類学なんかの課題図書にしてくれないだろうか。こっそり講義に忍び込みたい。

  • ちょこまーぶる さん

    上巻に引き続き性描写に対してちょっぴり食傷ぎみになってしまう一冊でした。ですが、ドロドロした描写ではなく、フラワーショーという性の見世物での描写なのであっさりと読めてしまいました。そして、フラワーショーの個性的な面々が、自らの身体的特徴などとの葛藤から培われた性に対する個人の思想などをぶつけ合う場面などは非常に難解ではあるが、納得できる考えも多く学ばせてもらいました。最後にそれぞれの道に旅立つメンバーには、何故か安堵感を感じました。でも、個人的には盲目だった春志の視力が戻らないで欲しかった思いはあるな。

  • TATA さん

    読み切った。ここまで性愛のことについて深く考えさせられる本はなかった。上下巻とも読みながらいろんなことを考え、そして最後の作者のあとがきで答え合わせ。フツーの外側にもフツーがあって、気がつくとフツーの領域は思ってた以上に広がってる。きっとそういうこと。今晩なんかすごい夢見そうで怖いかも。

  • さゆ さん

    結局、一実の成長物語だったんですね。最後まで読めてよかったですよ。中途半端に挫折していたら、すごく疲れるだけの小説、という印象しか、残らなかっただろうと思う。あいつが死ななかったのは残念だけど、死んだら話がややこしくなるから、まあいっか。

  • たま さん

    読み終わって、まさにこの物語は「親指Pの修行時代」を描いていたのだなと思いました。凝り固まった男性・女性の身体性への先入観や性愛観を無意識のうちに持ってしまっていることに気付かされましたが、どちらもとても個人的かつ個性的なことなんだから通念に縛られる必要はない。そのようなことを、全く押しつけがましくなく示してくれた作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松浦理英子

1958年、愛媛県松山市生まれ。青山学院大学文学部卒業。1978年「葬儀の日」で第47回文學界新人賞を受賞しデビュー。1994年『親指Pの修業時代』で第33回女流文学賞、2008年『犬身』で第59回読売文学賞、2017年『最愛の子ども』で第45回泉鏡花文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品