はたらくきほん100 毎日がスタートアップ

松浦弥太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838729562
ISBN 10 : 4838729561
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
427p;18

内容詳細

40歳で初めて会社員になった松浦弥太郎、40歳で初めて会社を作った野尻哲也、働き方にはいろいろあるけれど、大事なのは生涯現役で働くこと。一生やってもいい仕事をいつか必ず見つけよう。それは40歳でも全然遅くない。でも、漫然と働いていてはダメ。ではどうしたらいいのか?
「100の基本」「しごとのきほん くらしのきほん100」に続く、「働く人」のためのアドバイス。すべての人に役立つ、新しい働き方のための200のヒント。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けほんこ さん

    読みました 見開きでみじかいので ニーチェぐらい? さらさら読めますが 奥深く何度も読みたくなります とちゅうで イラストがあるんですが ヨシタケさんと組んだらうれそー 笑 シリーズみたいなので別本も 読もうと思いました

  • BEAN STARK さん

    「誰だって、一日は24時間」成功している人は時間の使い方が格段にうまい。「健康であることが仕事」健康であることはなによりも大切な最優先するべき仕事。「おいしいものを食べる」かんたんで便利な食べ物はいくらでもある時代に、忙しい自分がおいしいものを食べるというのはそれだけで努力をしていること。「仕事上手は休み上手」寝ないで頑張るは何の美徳にもならない。

  • ココアにんにく さん

    松浦さんが『暮しの手帖』の編集長を辞めたあと、クックパッドへ移られていたんですね。本書で初めて知りました。毎日の隙間時間でちょっとずつ読みました。松浦さんの著書で言われていたことが、凝縮された一文で書かれている。野尻さんは初見ですが、松浦さんと違った切り込み方で魅力ある言葉を多くいただきました。

  • 帯長襷 さん

    気になった言葉:「未来を起点に考える。」 「成功事例ではなく、お客様を見る。」流行っているということは、もう終わりかけているということ。 自分たちの理念と関係のない成功事例に気をとらわれないように。/ 「自ら動ける人を、仲間に。」 優秀な人には、共通点があります。それは、動機づけがいらない、ということ。/ いい収穫がありました。気になる言葉を抜いたら、全部野尻哲也さんの言葉でした(笑)この本でこの方を知ることができたのでよかったです。

  • 友蔵 さん

    若い人が読むに良い本かと思う。くど過ぎずシンプルで考える余裕がある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松浦弥太郎

エッセイスト、編集者、クリエイティブディレクター。1965年東京・中野生まれ。若き日にアメリカで書店文化に触れ、古い洋書を扱うエムアンドカンパニーブックセラーズを立ち上げる。2003年、COW BOOKSを中目黒にオープン。2005年から9年間『暮しの手帖』編集長を務め、現在は(株)おいしい健康・共

プロフィール詳細へ

松浦弥太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品