くらしのきほん 100の実践

松浦弥太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838730346
ISBN 10 : 4838730349
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
429p;19

内容詳細

ひとつひとつ、できることから。毎日のくらしをすこしずつ変えるための、100のヒント。
松浦弥太郎の人気シリーズ最新刊。今回は、あなたのくらしがもっと豊かになる「くらしのきほん100」の実践編。松浦弥太郎が2015年から運営するウェブサイト「くらしのきほん」から100項目をセレクトし、丁寧につづったエッセイと自ら撮った写真でお届け。当たり前の料理を当たり前においしくつくるには?お皿をきれいに洗うコツは?もらってうれしい手紙の書き方とは?いい旅をするために必要な心構えとは?など、料理のアイデアを中心に、現代の「生活の知恵」を紹介します。

【著者紹介】
松浦弥太郎 : 東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きゅー さん

    ウェブサイト「くらしのきほん」では、料理を中心に、暮らしの知恵と日々の学び、今こそ大切にすべき心がけを動画とコンテンツで配信しているという。その内容を書籍化したものがこれ。電車内での立居振舞、箸の持ち方といったマナーや日用品の扱いについても書かれているが、メインとなるのが料理に関して。「きほん」とあるように決して難しいことが書かれているわけではないが、それを継続していくとなると話は別。ところどころつまみ食いして、自分の生活に馴染むものを取り入れられればOKかな。

  • Kenji Nakamura さん

    料理はここまで、頑張れないな🐈✨

  • taa さん

    ラジオ番組「カレンスタイル」で著者を知り、書店で出合ったこの本を衝動買いした。書きぶりもラジオでの語り口そのまま。こだわりが詰まっている。奥付で「暮らしの手帳」編集長を9年も務めた人だと知り納得。内容は食(料理)に関するものが多いが、テーブルの拭き方、雑巾の縫い方、風呂敷での包み方まである。こんなこともネタになる、今はそんな時代でもある。

  • ナカ さん

    斜め読み。役にたつようでたたないようで・・・。

  • paco. さん

    レシピ多め。既製品に頼る日もあるが、たまに出汁をとってみたり、ドレッシングを手作りしてみたりと日々の生活を楽しむ気持ちを忘れないように気をつけている、それを肯定されたようなあったかい気持ちになりました。"豊かさは自分の手で作れる"豊かさとは何か?と問われると様々だが、時々立ち止まり今まで見ていなかったものを見ようとする心の余裕なのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松浦弥太郎

エッセイスト、編集者、クリエイティブディレクター。1965年東京・中野生まれ。若き日にアメリカで書店文化に触れ、古い洋書を扱うエムアンドカンパニーブックセラーズを立ち上げる。2003年、COW BOOKSを中目黒にオープン。2005年から9年間『暮しの手帖』編集長を務め、現在は(株)おいしい健康・共

プロフィール詳細へ

松浦弥太郎に関連するトピックス

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品