累 12 イブニングkc

松浦だるま

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063546910
ISBN 10 : 4063546918
フォーマット
出版社
発売日
2017年10月23日
日本
追加情報
:
189p;19

内容詳細

他者の顔を奪う口紅。その口紅の力と美しき妹・野菊の顔を使い、演劇界で眩い光を放つ累。しかし、高校時代に顔を奪った五十嵐幾の手引きもあり、野菊を逃がしてしまった累は姿を消す。羽生田・野菊・幾の前に再び現れた累は、野菊に己が命と等しい口紅を捧げる。それぞれの宿命を背負い、歩みを始める4人の役者たちの終着地とは―――。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くりり さん

    口紅を野菊に渡す累、何を企んでるのか分からないが破滅的な予感、永久交換の謎は明らかになるのか?

  • wata さん

    久しぶりに読みました?口紅を使い廻すので誰だったか混乱します(^^;いよいよ核心に迫ってきました!

  • 悪田原流之助 さん

    かさねが受け取ったいざなの思いの謎と、羽生田がひた隠しにする自分の素の部分が気になってくる巻だった。羽生田がイケメンじゃない理由が何となく分かってくる。かさねの顔を借りた幾が感じた「見えていない」ものってなんなんだろう。自分のよりどころだった演技が、自分に最も近しい台本を手にしたとたん、自分の身体から離れていく。皆苦しんでいるけれど、それぞれの苦しみはそれぞれが各自抱えたその人だけのものだ。美しさは人形のように歪みなく描かれ、醜さは歯を剥き出しにして輪郭まで歪んだ線で描かれている作画が際立つ。

  • まりもん さん

    レンタル。再び舞台に立つことになったけれど、口紅も渡してしまうし、この舞台がラストと言い出した累。そして今までになく役作りに困っているようで色んなことが集約されている舞台になりそう。

  • メルル さん

    かさねには、本当に何か企みがあるのか。無いように見えてしまう私はまだまだ青いのでしょうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松浦だるま

漫画家。イブニング新人賞「ゆうきまさみ大賞」及び「宇仁田ゆみ大賞」にて、共に優秀賞を受賞。2013年より同誌上にて連載を開始したデビュー作『累』が話題を呼び、今最も注目を集める若手漫画家として、その活躍を期待されている。『誘(いざな)』で、小説家としてもデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド