Ele-king別冊 プログレッシヴ ジャズ 進化するソウル-フライング ロータスとジャズの現在地

松村正人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907276201
ISBN 10 : 4907276206
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
追加情報
:
152p;22

商品説明

クラブで響くジャズ

話題を呼ぶ今様ジャズの最前線をとらえた『ele-king』の別冊。第2弾が出た『Jazz The New Chapter』がジャズ・シーンから見ているのに対し、ここではクラブ・ミュージック/ロックのフィールドから。表紙を飾るフライング・ロータスなどへのロング・インタビューをはじめ、批評、100枚を超えるディスク・ガイドなど、充実の内容だ。クセ者ぞろいの執筆陣にも注目を。(CDジャーナル Book Review)


(CDジャーナル 2014年 11月号より)

内容詳細

ジャズの新時代来る!紙エレキング別冊シリーズの第一弾は、クラブ・シーンでもポップ・シーンでも20年ぶりの盛り上がりを見せている「ジャズ」を切り口に展開します。

いま欧米のストリートで、ダンス・カルチャーで、エレクトロニック・ミュージックのシーンで、もっともクールなトレンドが「ジャズ」。ロンドンのレコード店に入れば大音量で「ジャズ」が鳴り、ラジオをつければジャズが流れる。DJ カルチャーはジャズを堀り、インディ・リスナーはアヴァンギャルドを探求する。テクノにもダブステップにもヒップホップにもジャズが大量に注がれはじめている。

周知のように、ロバート・グラスパーのグラミー賞受賞をきっかけに、ソウル〜R&B〜ヒップホップの中でジャズが再解釈されている。が、現在の「ジャズ」には、さらにもっと自由な風が吹いている!

プログレッシヴ・ロックのアフリカ・ヴァージョンとも呼べるジャズの新局面。シュギー・オーティスの流れを引く俗称「プログ&B」(プログレ+R&Bの略)。デトロイト新世代のカイル・ホールがうながすブロークン・ビーツ・リヴァイヴァル、サン・ラー生誕100周年で再燃するコズミック・ジャズ、デリック・ベイリー再評価の中、広がるアヴァンギャルドへの情熱、そして大友良英の上昇、シカゴ音響派の再評価、ワールド・ミュージックとしてのジャズ、吉田ヨウヘイgroupなど日本の新世代に見るジャズへの偏愛・・・活況あるジャズの現状を分類しながら、新旧交えて「いま聴くべき」ディスク・カタログ100 枚も収録!

表紙&カバーストーリーは、近々待望の新作をリリースするフライング・ロータス!

別冊エレキングが送る「特集:プログレッシヴ・ジャズ─進化するソウル」、どうぞご期待下さい。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小川一輝 さん

    『グラスパー以降』という文句にチャラチャラ惹かれて買ってはみたものの、導かれたのはどこあろう日本だった。『グラスパー以降』ではなく、その遥か前からアジアの端で蠢くJAZZ/IMPROVIZATIONなるものに光をあてるためにこの本は作られたのではないか?放っておけば泡のごとく消えるこの国の音楽の変遷。門外漢にとってこの国のUNDERGROUND MUSICは一歩目から闇は深く、だからこそ魅惑的だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

松村正人に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品