わたしの外国語漂流記 未知なる言葉と格闘した25人の物語 14歳の世渡り術

松村圭一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309617213
ISBN 10 : 4309617212
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;19

内容詳細

言葉は万能な道具ではないけれど、灯りのように人を温め、今いる場所を示し、進む道を照らしてくれる。これはそんなふうに海をわたり、外国の言葉にふれた二十五人の記録です。

目次 : 英語 瞬発 力が生死を分かつアウトロー英語(丸山ゴンザレス)/ プナン語 狩猟 採集民の言葉を学ぶ(奥野克巳)/ カンボジア語 新しい文字との出会いから(上田広美)/ アムハラ語 ダンスのように体が覚える(松村圭一郎)/ ロシア語 外国語を学ぶことで、中学生の私が手に入れたものと、今の私の目の前に見える世界(岡田環)/ ロシア語 おそロシくないロシア滞在記(シベリカ子)/ 古典ギリシア語 言語にいたる右往左往、あるいは私はいかにして文法の威力を思い知ったか(山本貴光)/ アカン語 あいづちと変身(石井美保)/ スペイン語 僕のスペイン武者修行(橋本宏一)/ チェコ語 パブロフの犬とチェコ語(阿部賢一)/ [オランダ語 MiffyよりNintjeが好き!(鵜木桂)/ 英語 科学者にとってのサバイバル英語術(渡辺佑基)/ ノルウェー語 “Det g〓r bra.”(佐脇千晴)/ サーミ語 言語を学ぶということ(吉田欣吾)/ アイスランド語 バイキングの言葉との出会い(藤間寿紀)/ ヤノマミ語 初めてのヤノマミの村へ(関野吉晴)/ 英語 英語で切り拓いたテニス人生(杉山愛)/ 英語 自分の英語、自分の場所(佐久間裕美子)/ グリーンランド語 北極に一番近い町(佐紀子ダオワナ)/ ハワイ語 英語、アジア系アメリカ文学、ピジン、そしてハワイ語へ―私のハワイ語学習遍歴(古川敏明)/ フィジー語 南の島でコトバの調査をはじめるまで(菊澤律子)/ 奄美語 言語が消滅するということ(木部暢子)/ 日本語 あなたの声で、あなたの物語を(LiLiCo)/ 中国語ほか まんが ツッパリ言語道!!―外国語学習編(竹輪大学大学院言語学研究室)/ 多言語 僕の名は(吉岡乾)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 羽 さん

    河出書房新社の「14歳の世渡り術」というシリーズで、中学生を開かれた場所に連れていってくれるような本です。ですが、若手の社会人の心にも響くと思います。二、三十代になって新しい外国語に出会い、学んでいる方も数多くいらっしゃるから。職業は翻訳家や言語学者をはじめ、料理人やウルトラランナー、牧師など。勉強法も十人十色でした。長い在宅期間を楽しむひとつの方法として、他言語を学び、複数の世界観を自分の中に獲得するのもいいかもしれません。

  • ぽけっとももんが さん

    こういう本を読んだら、英語だけじゃなく学ぶこと自体が楽しくなりそうだ。25人の達人たちが紹介するのは英語を始めとしてアイスランド語やグリーンランド語のような寒いところからハワイ語、カンボジア語、アムハラ語などなど。それがもう、面白くなったところで終わっちゃう短かさ。これ以上知りたかったら自分で調べてね、ってこと。サーミ語には雪の状態、ファジー語にはココナツを表す言葉が多いのが面白い。「足跡などが目立ちやすい新雪の表面」「一列になって進んだトナカイの群れが雪に残した跡」

  • こなやぎ さん

    言語にまつわるエッセイのアンソロジー。YAシリーズだけあって、中には明らかに想定読者の年代を意識した説教くs…教育的なテイストのものもあるが、概ねそれぞれの書き手の、対象言語への奮闘ぶりが素直に伝わる好ましい一冊。翻訳家や言語学者など職業とことばが直に結びつく人々だけでなく、文化人類学者、スペイン料理のシェフ、アスリートなど「道具としてのことば」に重きをおく人々まで顔ぶれが多彩なのも良い。ただ、英語についての書き手が4人もいる一方、いわゆる第2外国語の定番が西と露(と少し中)しかないのは少し気になった。

  • ジェンツー さん

    25人の著者が、自分と特定の外国語との関わりをそれぞれの視点から記したエッセイ集。ポイントは、本当に著者個々人の体験・観点に基づいたエッセイで、とおりいっぺんの外国語紹介・学習推奨ではないこと。言語学者もスポーツ選手も、牧師もアウトロージャーナリストもいるので、言葉との向き合い方は千差万別。そして日本人にとってはマイナーな外国語が多く取り上げられていること。といいつつ奄美語、日本語も取り上げ、身近な言葉への目配りがされている。 言葉の多様性は世界の多様性。

  • よしおか のぼる さん

    旅路の果て……。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品