「エビデンス」の落とし穴 「健康にいい」情報にはランクがあった! 青春新書INTELLIGENCE

松村むつみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784413046138
ISBN 10 : 4413046137
フォーマット
出版社
発行年月
2021年02月
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

なぜ「エビデンスあり」の情報があふれるようになったのか。薬や食品が体に効くメカニズムが解明されても「エビデンス」とはいわない。えっ、専門家の個人的な意見でも「エビデンス」になる!?エビデンスは玉石混交。信頼できるエビデンスの見分け方って?氾濫する健康情報に振り回されないために、エビデンスの真実を知っておこう。

目次 : 第1章 エビデンスってそもそも何?―「科学的根拠あり」なのに正反対の情報が出てくる不思議(新型コロナウイルス情報の玉石混交/ 専門家によって言うことが違った新型コロナ対策/ 「エビデンスあり」という印籠 ほか)/ 第2章 エビデンス重視の医療になったのは、じつは最近だった―「都合のいい」エビデンス解釈には要注意/ 第3章 エビデンスが分かれる健康情報、本当はどうなの?―たとえば、糖質制限は健康にいいのか・悪いのか(エビデンスが分かれる健康情報 新型コロナウイルスの感染予防対策/ エビデンスが分かれる健康情報 ワクチンは効果があるvsあまりない(麻疹・インフルエンザなど)/ エビデンスが分かれる健康情報 糖質制限は健康にいいvs健康に悪い ほか)/ 第4章 あやしい健康常識はこうして生まれる―エビデンスに乏しい情報にはパターンがある(あやしい健康情報のテンプレート 「100%」「絶対」「奇跡の○○」…/ あやしい健康情報のテンプレート 「免疫力アップ」/ あやしい健康情報のテンプレート 「○○しないと△△になる」 ほか)/ 第5章 本当に役立つ健康情報の見極め方―「エビデンスの質」はこうして確認する

【著者紹介】
松村むつみ : 1977年愛知県生まれ。医師・医学博士・医療ジャーナリスト。2003年、名古屋大学医学部医学科卒業。03年、国立国際医療センター(現・国立国際医療研究センター)臨床研修医。06年、横浜市立大学附属市民総合医療センターの放射線医学教室に入局、勤務医として大学病院で診療に従事しながら研究を続け、放射線診断専門医、核医学専門医、博士号(医学)を取得。17年よりフリーランスの画像診断医に。同時期より各種メディアに医療記事を執筆。一般の人の医療リテラシー向上に貢献すべく幅広く活動している。日本医学ジャーナリスト協会会員、アメリカヘルスケアジャーナリスト協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • skr-shower さん

    どう考えても怪しい情報を垂れ流し&うのみにしすぎる風潮。コロナに28度のお湯を飲めば効くと教えてくれた人に、体内の温度はもっと高いのではと言ったら本気で怒られました…なんだかな。少し疑ってかかりましょう。

  • Go Extreme さん

    エビデンスってそもそも何:新型コロナウイルス情報の玉石混交 専門家によって言うことが違った新型コロナ対策 エビデンスありという印籠 エビデンスの6ランク 違った情報が出てくる理由 健康を選択する時代 エビデンス重視の医療ー都合のいい」エビデンス解釈には要注意 エビデンスが分かれる健康情報:新型コロナウイルスの感染予防対策 ワクチンの効果 糖質制限 コレストロール 味噌 赤身肉 アルコール 放射線  あやしい健康常識:100%・絶対・奇跡の○○ 本当に役立つ健康情報の見極め方―こうして確認

  • 夜狼寺 大 さん

    本書を読んで、僕自身はエビデンスには、あまりこだわりがなく「なんとなく流行っている」「有名な先生が言ってる」からすぐ信じてしまう性格だなあと思いました。味噌は取りすぎは体に悪いとか。運動のし過ぎは体に毒だとか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松村むつみ

1977年愛知県生まれ。医師・医学博士・医療ジャーナリスト。2003年、名古屋大学医学部医学科卒業。03年、国立国際医療センター(現・国立国際医療研究センター)臨床研修医。06年、横浜市立大学附属市民総合医療センターの放射線医学教室に入局、勤務医として大学病院で診療に従事しながら研究を続け、放射線診

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品