ぼく、ちきゅうかんさつたい

松本聰美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907108045
ISBN 10 : 4907108044
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
80p;22

内容詳細

よーくかんさつしたら、せかいはたからもののはっけんでいっぱい!小学1・2年生から。

【著者紹介】
松本聰美作 : 兵庫県生まれ。同志社女子大学家政学部卒業。日本児童文学者協会会員

ひがしちから : 大分県生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みつばちい さん

    一年生のぼくはおじいちゃんとちきゅうかんさつたいとして、身の回りの事を色々観察している。家にいるクモのこと、近所の犬が子犬を生んだ事、クラスのいじめっ子のこと。小さなことにも一緒に喜び、感動してくれるおじいちゃん。そしてある日おじいちゃんは「そろそろうちゅうかんさつたい本部に行く」とぼくに話した。それはおじいちゃんとの別れを意味していた。うちの末っ子もかなりのおじいちゃん子で、父はこのおじいちゃんのように本気で子どもと遊んでくれるのでより感情移入してしまい、泣いてしまった。蔵書に入れようと思う。

  • 西澤 隆 さん

    もう病床から起き上がることができないおじいちゃんは、でもトモヤをポジティブに、ポジティブにと導いてくれる素敵なひと。目に映る全てのものは本人がくだらないとおもえばくだらないし「!」だと気付けば「!」なのだ。ヤなヤツの「!」だって見つけられるかもしれないし、そういう考え方を体の中に埋め込んでいくことができれば、案外と強く生きていけるかもしれない。その事を「〜するべき」ではなく「〜するとワクワクするだろ」ってアプローチで孫に教えられるジィさん。やがて去る行き先の伝え方も素敵です。こういうジジィになりたいなあ。

  • ふう さん

    自分のまわりをよく観察して、困っている人がいたら助けちゃう、ちきゅうかんさつたい。子どもにとって、こんなおじいちゃん…いえ、たいちょうがいたら、楽しくて仕方ないだろうと思います。悪い面の裏にも、よく見続けるといい面がある。自然は毎日変化していく。そしておじいちゃんの体も…。日記のようなストーリー運びがそれらの「時の流れ」をうまく表わしていると感じました。

  • カヤ さん

    タイトルからは想像つかなかったけれど、大好きなおじいちゃんとの別れのお話でもある。観察をして見つける楽しさも伝わってきた。

  • きたろう さん

    おじいちゃんがさいごに死んでしまったのが悲しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品